電子遊戯雑記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

岡部麻紀

Author:岡部麻紀


好きなゲーム
バイオハザード・シリーズ
サイレントヒル・シリーズ
零・シリーズ
D.O.A.シリーズ
サクラ大戦・シリーズ他・多数



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリー



最新の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク



過去ログ



ブログ検索



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


3D酔いの軽減
本作は、「3部作」と呼ばれる中でもっとも多くの回数プレイしたタイトルとなりました。
その理由の1つは、物語そのものの魅力が個人的に合致した為でした。
古くからの、そして「サイレントヒル」というシリーズをこよなく愛するコアなファンの多くは、この「3」をあまり評価していないようですが、自分には合っていました。
無論、従来のシリーズの良さであったラジオやライトによる演出は影を潜め、ラジオに関してはほとんど意味を成していません。
その点の不満点は、指摘されても仕方ないと思われます。
私自身、プレイ中のラジオのノイズ音は全く気にしてませんでした。
何故なら、敵が出現、或いは接近するとラジオのノイズ以前に、流れているBGMが変化する為でした。
敵がいるかいないかは、この音楽の違いを注意すれば良いので、本当にラジオは役に立っていなかったと言えます。
この辺は、さすがに改善の余地があったように見受けられました。
0193.jpg

ゲームを起動させて最初に表示された場面は、寂れた遊園地。
この最初に流れる遊園地の場面が、その後の本作の雰囲気を見事に表現していたように感じられました。
主人公の少女へザーは無意識に遊園地を歩き、その周囲にはウサギの着ぐるみが横たわり、口元には血がベッタリと付着しているカットです。
このシーンだけで、かなり「怖い」と感じさせる演出と思いました。
本来なら可愛らしいはずだったウサギの着ぐるみが、こうした演出によって不気味に映るのです。
正直、これは「上手」だなぁと思いました。
きっと、開発側のスタッフも、これは「決まった」と感じられたのではないでしょうか?
このウサギの着ぐるみは「3」のイメージ・キャラにもなり、公式サイトや特別映像等で活躍させています。
また、本作でのグラフィックの向上も、目を見張るものでした。
「2」でも十分に凄いと感じさせるものでしたが、それでも一部はCGムービー(プリレンタリング)を使用していた為、若干、本編のキャラとは違和感を感じたもの。
ところが本作では一切、CGムービーは使用されておらず、全てリアルタイムポリゴンによるグラフィックで統一されていたのです。
イベント・ムービーであっても、CGムービーは使われていない事から、スタッフの自信の程が窺えます。
実際、PS2ソフトのポリゴンキャラによる、この手のゲーム作品としてはFF10を軽く越えていたように思いました。
無論、「2」でも越えていたと思っていますが、本作では更に上を行ったと感じます。
0194.jpg

本作を繰り返しプレイしたもう1つの理由。
それは3D酔いを感じる事が少なかったからです。
何故、本作に限っては「3D酔い」を起こさなかったのでしょうか?
その理由は、すぐに分かりました。
前2作は、基本的に移動する場所は屋外が多かったのに対し、本作では屋内がほとんどだったのです。
屋内となれば、必ず壁や天井が存在する為、大きくカメラが揺れる事はありません。
揺れが少ないという事は、それだけ「酔い」を引き起こす要因が取り除かれている事になります。
因みに操作法でのコンフィグ設定では「3D酔い」を起こし易い人の為に、2D操作というのを選択出来るような追加項目がありました。
この場合は、画面に対して方向キーを右に押すと右に移動し、上に押すと前進、左に押すと左に、という感じに操作出来ます。
ただ、この手法はあまり御薦め出来ません。
あくまで「画面に対して」なので、キャラクターが向きを変えたり、カメラアングルが変われば、右が前になったり、逆になったりしてしまう上、デフォルトの3D操作時より「揺れ」が大きく、かえって「酔い」易いからです。
少なくとも私は、デフォルトの「3D」操作より、この「2D」操作の方が酔いを感じてしまいました。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
シナリオ面での評価は、やはり3部作の中ではどうしても低くなりますね。
ストーリー的には、やはり「3」が1番分かり易い内容で、あまり複雑さもありませんし。「ALIVE」というADVゲームは、確かに知らないです。( ^ ^ ;
でも好きになったゲームというのは、ふと暫くするとプレイしたくなるものですよね。
【2005/06/12 15:48】 URL | 岡部麻紀 #r6uSoc5A [ 編集]

なんとかネット代はらえました;;はぁよかった^^;

個人的には3は大好きです。確か当時ヘザーに萌えていたので、たまたまNHKでやっていた海外ドラマにヘザーそっくりな女性がでていたので毎日見ていた覚えがあります。(あらあら単純w)でも、前作通してよかったとおもうのは1&2ですかね。4は未プレイです、昨日、お店に4を見たとき破格の1500円ぐらいで売っていたので、今日買いに行こうとおもいきや、な、無くなってる!!!(くそ、一足遅かったか!)しかたないんでSH1と、お金によゆうあったんで、ALIVEという実写ムービーアドベンチャーなゲームを買いました(買いなおし)マニアックなゲームなんで知ってるひとは少ないとおもいます。私は昔から好きだったので何度か買いなおしたりしてました。
 以上、長々コメント失礼しました。
【2005/06/11 02:27】 URL | 尻尾マニア #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://show1968.blog6.fc2.com/tb.php/93-606438f3

サイレントヒル3

コナミから発売の人気ホラーADV「サイレントヒル3」のプロモーション・ムービーです。サイレントヒル3トレーラー|無料動画、動画配信、フラッシュ動画ストリーミングはムー 電子遊戯雑記II【2006/03/12 00:09】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。