電子遊戯雑記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

岡部麻紀

Author:岡部麻紀


好きなゲーム
バイオハザード・シリーズ
サイレントヒル・シリーズ
零・シリーズ
D.O.A.シリーズ
サクラ大戦・シリーズ他・多数



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリー



最新の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク



過去ログ



ブログ検索



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


PSでの残酷描写への挑戦?
ゲームを起動させて、まず最初に流れるのがCGによって作られたOPムービー。
一見すると、ゲーム起動してのデモンストレーション的な内容構成になっており、実際「スタート」ボタンを押す前に流れる映像なので位置的にもそうなのでしょう。
少し異なるのは、ゲームをスタートさせると、この映像のラスト直後から始まる事です。
この事から、この映像はゲームのプロローグ的な意味も持ち合わせている印象です。
初めてこのCGムービーを観た時は、あまりにも完成度の高いCGムービーに驚嘆。
実際、このCGムービーは、その年に催された文化庁の文化メディア関連のイベントで、見事CGムービー部門の賞を獲得しています。
逆に、このCGムービーのクォリティが高すぎる為、ゲーム実機でのポリゴン・キャラとのギャップも激しい印象を与えてしまっている気がします。
もっとも、そんなギャップもゲームを進めていく内に忘れさせてくれるので、あまり問題はないかもしれません。
0179.jpg

このゲームの残酷描写は、数あるPSソフトの中でも群を抜いている気がします。
勿論「バイオハザード」も残酷描写ではトップ級ではありますが、本作はそれ以上という印象です。
敵のデザインや倒し方もそうですが、邪教儀式の要素が含まれている為、贄にされた遺体(?)も多数登場。
皮膚を剥されたような容姿に、上半身だけで串刺しにされているものや、袋詰めにされているもの、焼却を待つかのように並べられている遺体の描写等、挙げればキリがないと言えてしまう程です。
SSが制定した制限規約より厳しいとされたPS陣営としては、よく審査を通したものと思える程。
もっとも、この辺は一部の企業に対しての優遇処置がありましたし、正直コナミはその対象だったようなので通ったんでしょう。(苦笑
また、流血の描写も多いのが特徴的でもあります。
ハッキリ言って、「バイオハザード」よりも多く、「圧倒」していると言っても問題ないでしょう。
敵に襲われての流血ではなく、情景描写、光景描写においての流血演出が多いという意味でですが。
ホラー物としては音楽も重要になって来ますが、本作でもその音楽は秀逸でした。
特に最初に流れるOPムービーにおける音楽は、まさに「サイレントヒル」というタイトルを心に刻み付けられるだけの力、魅力を誇っていました。
恐らくゲーム中の音楽は忘れても、このOPミュージックだけは忘れない。
それ位、印象付ける音楽です。
この音楽は「1」の直接的な続編にあたる「3」でもエンディングにて使用される事となり、まさに本作を象徴する曲と言えるかもしれません。
0180.jpg

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://show1968.blog6.fc2.com/tb.php/87-1b0a83ac

サイレントヒル

コナミから発売のPS用ソフト「サイレントヒル」のプロモーション・ムービーです。サイレントヒル・トレーラー|無料動画、動画配信、フラッシュ動画ストリーミングはムービーキ 電子遊戯雑記II【2006/03/10 00:20】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。