電子遊戯雑記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

岡部麻紀

Author:岡部麻紀


好きなゲーム
バイオハザード・シリーズ
サイレントヒル・シリーズ
零・シリーズ
D.O.A.シリーズ
サクラ大戦・シリーズ他・多数



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリー



最新の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク



過去ログ



ブログ検索



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ガンサバイバー4
「3」と「ベロニカ」のエンディングでは、さあ、これからアンブレラと本格的な闘いを仕掛けるぞ!といった形で幕を閉じていましたが、その期待した肝心の部分は「4」であっさりと省略されてしまいました。少なくとも「ガンサバイバ-4」の物語ではアンブレラは健在。
ラクーン・シティ崩壊後の物語になっているので、「バイオ4」よりは前の物語であると受け取れます。
T-ウイルスとG-ウイルスも関係しているようなので、ラクーン・シティ崩壊から数ヵ月は最低でも経っていると言えそうです。
その時代設定が「ベロニカ」より前なのか、それとも後なのか、或いは同時期なのかは、公式には発表されていません。
この作品でも、狂気を宿した悪役が登場しますが、またも性格的に少し特殊な人物となっています。最初こそ、美形の男性キャラでしたが、序盤で自らが作り出したウイルスを自身に投与、モンスター化しました。
このモンスターの姿が、ちょっと異色だったのです。
人の姿をある程度は留めているのですが、その容姿はまるで女性。
女性を象徴するかのように、胸も豊かになっており、声や喋り口調も女性になっています。
何故、女性のような姿のモンスターへと変貌したのかという説明は、ゲーム内では一切明かされていません。
攻略本を購入すれば、或いは載っているのかもしれませんが、現時点では「ガンサバ4」の攻略本は未購入なので不明。
ひょっとしたら、彼の内には女性への変身願望、或いは深層心理の奥では女性という人物だったのかもしれません。
でも、個人的に女性型のモンスターとしては、アレクシアよりもデザイン的に好きですね。
0175.jpg

また、ゲームを進めていくと、主人公のブルースから、ヒロインのフォン・リンにキャラクター・チェンジする場面があります。
「ガンサバ3」は未プレイなので断言は出来ませんが、ガンサバイ・シリーズとしては初の試みなんじゃないでしょうか。
決して長くはありませんが、ヒロインのフォン・リンを操作出来る場面は2回用意されている等、かなり新鮮な気分にさせて貰えます。
しかもフォン・リン操作時は、銃器による攻撃だけでなく、中国のエージェントらしく(?)、体術でも応戦が出来ました。
これは狙ってやらないと体験出来ませんが、かなり新鮮です。
0176.jpg

ゲームをクリアすると、本作でもオマケの隠し要素が解放されます。
難易度の選別の他に、隠し武器も登場。
また、隠し衣装は無いものの、主人公とヒロインのフォン・リンとの操作部分を入れ替えられるモードが存在。
つまり主人公が活躍する場面をフォン・リンでプレイし、フォン・リン・パートをブルースでプレイするというモードです。
さすがにイベント・ムービーに変化は起きませんが、所持している武器が異なっている為、違った印象で楽しめました。
今のところ、「ガンサバ」シリーズは本作まで。
果たして「5」は登場するのでしょうか?
もし登場した場合、次作も「バイオ」タイトルになるのか、それとも別作品となるのか、興味深いところです。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://show1968.blog6.fc2.com/tb.php/85-c4074000



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。