電子遊戯雑記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

岡部麻紀

Author:岡部麻紀


好きなゲーム
バイオハザード・シリーズ
サイレントヒル・シリーズ
零・シリーズ
D.O.A.シリーズ
サクラ大戦・シリーズ他・多数



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリー



最新の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク



過去ログ



ブログ検索



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ボーン・シールド
昨夜は知人のプロフィットさんの協力により、サブ・キャラの1人、エルヴン・メイジの転職クエがほぼ完了しましたが、その後にログアウトする前に、翔にもフル・エンチャを戴いていました。
Lv.15で受けられる事は本来無いであろう、高レベルの補助魔法の数々。
これを有効に活用しなければ、下さった方にも申し訳が立たないというモノです。
そこでログインすぐに武器屋の商人・ウノーレンの許にはせ参じ、「地下要塞の呪い」クエを受ける事に。
このクエの報酬は、Nグレ最強盾のボーン・シールド。
現在使用している盾がバックラーですから、単純に性能比較すると盾防御力に23の差が・・・。
これは是非とも入手したい装備です。
020.jpg

エンチャは20分で切れますので、急いで地下要塞へ。
対象であるmobは2パターンで、1つはスケルトン系のmobから集めるボーンピース10個。
しかし、コチラは入口付近にいてくれるので、それ程困難ではありません。
問題はもう1つの対象mob、ミスト・テロ。
通称ホラー系といったところでしょうか。
ミスト・テロという名のmobだけでなく、ダーク・テロといった相手も対象になってますが、当然後者の方が強いので無視。
ミスト・テロですら翔と同じLv.15なのですから、ソロで相手に出きるはずもなく。
まず向かうべき場所は、ミスト・テロがいるエリア。
途中、何体かはアクティブのmobに絡まれますが、適当に処理しながら突き進みます。
せっかくの高レベル・エンチャがある内に、強敵のいる場所へ移動し、可能なら倒してクエ・アイテムを集め終えたいという願望が・・・。
因みにミスト・テロから集めるアイテムは、エルフの頭骨3個。
このゲームのクエ、やたらと死体集めが多い気がするのは私だけでしょうか?
その後に待ち受けるクエでも、ヤッパリ死体集めだったりしますし・・・。
まぁ、気にせずに行くとしましょう。( ^ ^ ;
そして、ようやく辿りついて、いよいよ戦闘開始。
って、何かやたらと屯っているのですが・・・。
ミスト・テロもスケルトン系と同じくアクティブなので、「引き狩り」での各個撃破の戦法となります。
しかし、こう固まっているとリンクと同じような状況になりかねません。
とはいえ、エンチャの持続時間には制限がありますし、あまり躊躇している余裕もありません。
いざ、敵を引き付けて安全圏で撃破です。
最初の何体かは上手く行きましたが、とうとう2体同時に釣ってしまいました。
023.jpg

フル・エンチャを貰っていたお陰で難を逃れましたが、それでも2体はキツイの一言です。
ようやく頭骨1個は出たものの、さすがに採集数が少ない分、確率は低いようで。
そして、とうとうフル・エンチャが切れる時が・・・。
目論み通りには行きませんでしたが、ココで引き下がる訳にも行きません。
今度は自己エンチャのLv.1マイト&シールドで挑戦です。
戦法は変わりません。
なるべく同時釣りにならないよう注意しながら、1体ずつ誘き寄せます。
022.jpg

安全圏に引き連れたら、その場で戦闘開始。
自己エンチャだけでも1体ずつなら、何とか倒せそうです。
さすがに休憩を挟みながらとなりますが・・・。
それにしても競合相手がいない為、ミスト・テロが余りまくりです。
こういう時は逆に、1人位は獲物の競合があった方が助かったりします。
誰もいないと、個々のmobが密集してしまい、アクティブ反応が近くなって同時反応されてしまうケースが多いからです。
そして・・・。
遂に恐れていた事態が発生。
何と3体同時反応。
ただでさえ貧弱な自己エンチャに加え、同レベル相手から3体同時に攻撃を受けては成す術も無く・・・。
見事に轟沈です。orz
振り返れば、翔が沈んだのはこれが初の出来事です。
幸い遺品を落とすという悲劇は無かったので、「最寄の村」行き。
エルフ村に帰還後は、リベンジに燃えます。
再度地下要塞へと赴き、ミスト・テロのいるエリアへ特攻。
今回は他にも奥へと進む人達がいて、かなりスムーズに進めました。
そして、ようやく着いたと思った瞬間、意表を突かれました。
何処からともなく、突然多数の骨とオークが・・・。
本来反応するはずの無い小部屋にいた骨までもが襲い掛かり、見事に撃沈。
どうやら、他の場所で狩りしてた人が倒れたか、リスタ逃亡したかで、タゲが近くにいた私に移ったようです。
何ともはや、2度目の撃沈で経験値ロスは10%に達してしまいました。
リベンジどころか、返り討ちにあってしまうとは・・・。( T _ T )
しかし捨てる神あれば拾う神ありでした。
一緒に同じ方向へと進んでいたとあるペアPTのエルダーさんが、リザをして下さり、更にエンチャまで施してくれたのです。
正に不幸中の幸い&幸運といった心境です。
これで鬼に金棒、ミスト・テロを相手に狩り再開です。
そして、何とか3つ集め終えたので、今度はスケルトン系mobを狩ってボーン・ピースを10個集めます。
既に何個かは奥へと向かう途中に倒した骨から得てましたが、数が多いのでこれからが骨からの採取・本番でしょうか。
スケルトン系は要塞入口側にもいますので、そこまで戻ってから狩る事に。
いざという時でも入口から近いので、エルフの脚力で逃げ切れる可能性があるからです。
さすがに少しでも奥に入った場所では無理ですが。
スケルトン系の名前表示は、ドレッド・ソルジャーを除けば、全て緑色。
弓持ちはノン・アクティブなので、その点は有難いところです。
基本的に緑色のダンジョン・スケルトンを狩り、ドレッドは邪魔と感じた時に狩るようにします。
他にも競合している人がいてくれたお陰で、複数リンクによる危険はありませんでした。
程なくして、ピースも10個獲得。
これで、もう用はありません。
早速、ウノーレンの許へと走り、報酬であるボーン・シールドを獲得です。
024.jpg

その名が示す通り、髑髏に角が生えている彫刻が施されているデザインが印象的な盾です。
メイン・キャラでも獲得したのは20代後半。
もっとも、その頃にはカイト・シールドを所持していたので速攻に売却してました。
なので、獲得したボーン・シールドを使用していく事になるのは初めてという事になります。
その後はレベリングにと、カブーオーク・ファイターとサブ・リーダーを中心にハンティング。
時々リーダーがいる場所に行って狩ったりはしたものの、数的には少なく、アクティブの蜘蛛もいて厄介なので、途中で止めました。
そして0時頃になってLv.16にアップ。
キリが良いので、今夜はココでストップ。
あとはエルフ村に戻って、ボーン・ブレスト・プレートとハード・ストラップ図、あと売れるか微妙な見習いのスペルブックを露店して落ちる事に。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://show1968.blog6.fc2.com/tb.php/8-a3f15831



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。