電子遊戯雑記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

岡部麻紀

Author:岡部麻紀


好きなゲーム
バイオハザード・シリーズ
サイレントヒル・シリーズ
零・シリーズ
D.O.A.シリーズ
サクラ大戦・シリーズ他・多数



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリー



最新の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク



過去ログ



ブログ検索



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


そしてPS2へ
「バイオハザード4」がGCで発売されてから、4ヶ月が経過しました。
既に攻略本関係も出揃い、発売日に購入したプレイヤーの多くは遊び尽くしてしまっている事でしょう。
私自身は今もプレイしていますが、やはり最初の頃と比べれば新鮮さは無くなっています。
さすがに3ヶ月も同じタイトルを遊び続ければ、それは当然かもしれません。
実際、私は「4」の他に「DEMENTO」という、同じカプコンのサイコ・ホラー(?)ADVを遊んだりしてました。
この「DEMENTO」については、また別の機会にでも語りたいと思います。(と言うより、まだ語れる程プレイしてないとも言えます)
そして今年の5月はE3という、ゲーム業界としてはビッグ・イベントが開催。
日本における「東京ゲームショー」のようなモノでしょうか。
「東京ゲームショー」では任天堂が不参加という事もあるので、やはり全てのゲームを網羅するという点ではE3の方が注目度は高いかもしれません。
最近はPS2、X-BOX、NGCの後継機、次世代機情報で賑わっています。
つい最近も携帯ゲーム機での、PSP対NDSもあったので、業界は活気付いている印象。
この辺の雰囲気は、嘗てのPS対SS対N64といった次世代機競争を思い起こさせます。
振り返れば、この頃からゲーム業界は躍進し、現在のビッグ市場を形成出来たのではないでしょうか?
そして、三つ巴からPSとSSの二大勢力の競争が、そのまま業界を活性化させ、大きな産業、市場へと成長。
そしてゲームを子供だけのモノから、大人をも対象とした市場に完全変化を遂げていったのではないかと考えます。
この2大ハードの競争が均等であった頃が1番活気付き、そして賑わっていましたが、FF7のPS参入を気に一転。
PSの独り勝ち状況に陥る事となります。
しかし、皮肉にもこのPS独り勝ちになってしまった事により、良い意味での競争市場のバランスが崩れ、徐々に業界の景気は傾いてしまいました。
徐々にSSの売り場面積はPSに押され始め、嘗てのファミコン(SFC)時代と同じ環境へ流れていく事に。
0164.jpg

話が「バイオ」から離れて来たので、この辺でストップしておきます。
さて、数多くのタイトルが発表されたE3ですが、注目されたタイトルはほとんど次世代機向けタイトル。
やはりバイオ・ファンとしては、PS2版の「4」がどのようななっているのかが注目点です。
すぐには発表というか、サイト上での情報公開はありませんでしたが、こまめに海外サイトをチェック。
そして、ようやく得られた情報がスクリーン・ショットと、その後日にカプコン・サイトでも開示されたプロモーション・ムービーです。
このプロモーション・ムービーにより、GCでは無かったエイダ関連のイベントが多数追加されている事が判明しました。
本編で、「ベロニカ」の完全版時のように、物語を補完する形で追加されるのか、或いはGC版「4」にあったオマケ・ゲーム「エイダ・ザ・ミッション(エイダ主役のミニゲーム)とは別に、本編をエイダの視点でプレイ出来るモードが追加されるのか興味深いところです。
プロモーション・ムービーのラストでは、ウェスカーのアップで幕を閉じ、そのサングラスにはエイダの顔が映し出されています。
また、先日のアシュリーがエイダの事をきちんと認識していた点についても、このプロモーション・ムービーには、補完するかのような映像が挿入されていました。
この辺で少しシナリオの修正が入っていそうです。
PS2移植の件については、今も尚納得は出来ていませんが(PS3になら、まだ納得出来ますが)、出ると決まってしまった以上、そして追加シナリオがあるとなると興味が生まれてしまうのも事実。
きっとPS2版が発売されたら、発売日初日とは言いませんが購入してしまいそうです。(苦笑
0165.jpg

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://show1968.blog6.fc2.com/tb.php/79-49e3bb52



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。