電子遊戯雑記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

岡部麻紀

Author:岡部麻紀


好きなゲーム
バイオハザード・シリーズ
サイレントヒル・シリーズ
零・シリーズ
D.O.A.シリーズ
サクラ大戦・シリーズ他・多数



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリー



最新の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク



過去ログ



ブログ検索



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アシュリーと敵キャラ達
「1」のクリス編におけるレベッカや「2」「ベロニカ」におけるパートナーへのキャラ・チェンジは、本作でも健在。
今回のパートナーはアシュリーとなりますので、基本的には「2」のシェリーと同じ位置となります。
但し、アシュリーはシェリーと違って20歳の女の子でもある為か、ただ逃げるだけでなく反撃も出来るようになっていました。
危機回避においても、さすがにシェリー時と比べると、かなり厳しい条件下であったと言えます。
2人とも目的地へのルートにいる敵を避けて到達し、そこでアイテムを回収すればOKなのですが、シェリーの時と比べれば、アシュリーの手順は多いのが特徴でした。
多くは語れませんが、緊張感という点では、完全にアシュリーの方が圧倒しているでしょう。
まぁ、「4」の方が最新作ですし、ハードも新世代なので当然と言えばそれまでなのですが。( ^ ^ ;
アシュリーには、レオンには無いアクションが用意されています。
1つは「くぐる」というアクション。
これは机の下やちょっとしたトンネル(?)を這って移動するという動作です。
これにより、時には敵から逃れたりする事が出来ました。
反撃のアクションとしては「投げる」があります。
レオンの卵や手榴弾を投げるのとは意味合いが異なり、アルコール・ランタンを迫る敵に投げつけて足止めを行うというモノ。
但し、敵1人に対し2~3個を投げつけてダメージを与えると、見事に撃退する事も可能です。
この点がシェリー時とは、大きく異なる点でしょう。
また、アイテムを回収後に襲い来る適から逃れる際、3度に渡って回避コマンド入力を要求されます。
このコマンド入力に失敗すると、かなり手痛いダメージを負う事となり、厳しい状況に陥るようになっていました。
しかも後ろからは3体の敵が追いかけて来ているので、可能な限り成功させないとコンティニューを余儀なくされると思われます。
このアシュリー・パートではアイテムを回収するだけでなく、仕掛けを解かなければならない場面もあり、意外と今までのパートナー・キャラのパート・プレイとしては1番長い印象でした。
0160.jpg

本シリーズの敵キャラには、それぞれ個性ある人物が登場してきました。
1作目での黒幕ウェスカーは、シリーズを通しての悪役に昇格し、バイオの敵キャラとしてはもっとも人気がある人物です。
「2」に登場のウィリアムはやや影が薄いものの、その妻のアネットが大活躍。
悪しき研究に魂を売ってしまったようなマッドサイエンティスト的な面と、母親としての面が同居している役柄を見事に演じています。
「0」の黒幕であるマーカス博士と謎の美青年との意外な関係、「3」での自己の利益追求の為には手段を選ばないニコライ、「ベロニカ」で登場の狂気に満ち溢れた双子のアシュフォード兄妹等々。
そして今回の「4」でも、やはり個性溢れる敵キャラが登場しています。
レオンの前に立ちはだかる悪役は4人。
1人は黒幕でもあるサドラー。
自らを教団のカリスマと名乗る、レオン曰く「偉そうな」おじさんです。(苦笑
2人目は、嘗てレオンの同僚でありパートナー、そして友であったクラウザー。
その格好からして、傭兵といった風貌です。
レオンとの会話によれば、「2年前の事故で死んだ」事になっていたようで、果たしてその2年前の事故が何だったのかが気になるところでしょうか。
もしかするとレオンと共に同じ任務を遂行中、何らかのアクシデントで彼は死んだ事になったのかもしれません。
どういった心境の変化で、彼がウェスカーの組織に入り、そしてレオンと敵対する事を望んだのかは結局明かされずに終わりました。
3人目は、最初のボスとして敵対する村長こと、ビトレス。
広告展開でも大きく紹介されているので、敵キャラとしては1番有名かもしれません。
本作の悪役としては、1番王道な役柄を演じてた気がします。
そして最後はサラザール。
一見すると老人のような容姿と、時代錯誤的名な中世貴族の衣装を纏った20歳の青年です。
その地に代々伝わる貴族の8代目で、かなり大きな古城の主。
ファイルを読み解くと、代々守り続けた封印を解いたのが彼である事が分かり、彼の性格がかなり「あっち」の世界に近づいているのが印象的です。
但し、少々「ベロニカ」でのアルフレッドとキャラ的に被る面もあるので、その点が少し惜しいキャラ。
でも、本作においてもっとも印象に残る敵キャラは、このサラザールであったと思えます。
黒幕であるサドラーはサラザールの事を「小物」と称していましたが、いざ対戦してみるとサドラーの方がよっぽど「小物」に感じられました。
レオンがサドラーに対し「お前も小物」発言をした際笑っていましたが、強ちレオンの指摘は間違ってなかったような・・・。
0161.jpg

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://show1968.blog6.fc2.com/tb.php/77-2035ad21



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。