電子遊戯雑記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

岡部麻紀

Author:岡部麻紀


好きなゲーム
バイオハザード・シリーズ
サイレントヒル・シリーズ
零・シリーズ
D.O.A.シリーズ
サクラ大戦・シリーズ他・多数



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリー



最新の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク



過去ログ



ブログ検索



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シリーズの新生
バイオハザード・シリーズのGC独占供給宣言をしてから、リメイク「1」、完全新作の「0」と、ほぼ順調に発売をして来たカプコンですが、最新作となる「4」は迷走をする事となります。
「4」の映像が最初に発表されたのは2002年。
「0」の発売前であり、まさにGC独占供給を盛り上げるのに一役買っていたモノでした。
しかし、この映像が発表された時、実はそれまでの「4」は既にお蔵入りとしていたそうです。
とはいえ、何も発表しない訳にもいかない為、あえて没としたゲーム内容のプロモーション・ムービーを公開したとの事。
実際、この時の発表内容で、発売された製品と同じなのは主人公が「レオン」である事だけ。
その他の事については、全く消えてしまっています。
当初発表された「4」の内容としてはアンブレラが設立されるに至った発見、T-ウィルスの始祖に絡むモノ。
その謎と、今まで名前しか出てこなかった黒幕が、いよいよ姿を現す?!
そんな感じを予感させるもので、同時にアンブレラとの本格的な闘いが描かれる(或いは幕開け)予告ムービーでした。
ところが、その映像発表以降、「4」についての情報は音沙汰無く、2004年3月に劇的な情報公開が成されるまで伏せられた状態にあったのです。
0153.jpg

その久し振りとなる情報開示は、ファンにとって衝撃的なニュースでした。
最初に掲げられた言葉は「新生」。
その言葉通り、全てが従来のバイオとは異なるモノと言えます。
主人公がレオン・S・ケネディでなければ、それを「バイオハザード」の新作とは思わなかったでしょう。
まず最初に目を引いたのはチェーンソーを持つ覆面の男に襲われているレオンの姿です。
そのCGイラストを観た時、私はB級ホラー映画の1シーンを思い出しました。
確か、そんな感じの映画があったのを覚えていたからです。
次に注目したのが「ゾンビは出ない」という情報。
「バイオハザード」=ゾンビを倒す、という図式が当然と思っていたファンの多くは、これに拒否感を持ったものです。
私自身もその1人であった事は否定しません。
発売されて既に約2ヵ月半が経過していますが、今でもそう思っている人は多いです。
そして極めつけはシステム変更。
今まではキャラクターを見下ろす始点や、前から観る視点、後ろからの視点等、映画やドラマと同じカメラアングルからキャラクターを操作し、その画面に見える(或いは捉える事の出来る)敵を倒すというモノ。
変更されたシステムは、常にレオンの背中越しからの視点に固定され、敵を攻撃する際も、従来は自動照準で敵を狙い撃てていたものが、今回はプレイヤー自身が手動で行わなければならなかったのです。
これらの情報で、以前より難易度は上がり、雰囲気やゲーム感そものが大きく変わってしまった事に不安とガッカリ感を味わう事となったのです。
しかし、この新生は長く続く人気シリーズにおいては必要不可欠であったとも思えなくもありません。「3」や「ベロニカ」発売時、多くのゲーム・ファンは「マンネリ」である事に不満を口にしていたのです。
確かに細かい点で進化や変化はあったものの、根本的なゲーム内容は同じと言えました。
あとはもう、新しい「物語」を楽しむ為のゲーム。
そんな印象を抱かれていたのでしょう。
しかし「4」の新生は、そんなゲーム・ファンを唸らせる内容となったのだと思います。
この手のゲームに厳しい評価をする海外ゲーマーが、挙って高得点を弾き出した事でも話題を集めた程。
私自身も、製品版を手にし、そして実際にプレイしてみて、この新生は正しかったと思っています。
0152.jpg

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://show1968.blog6.fc2.com/tb.php/73-1d4eb4c3



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。