電子遊戯雑記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

岡部麻紀

Author:岡部麻紀


好きなゲーム
バイオハザード・シリーズ
サイレントヒル・シリーズ
零・シリーズ
D.O.A.シリーズ
サクラ大戦・シリーズ他・多数



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリー



最新の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク



過去ログ



ブログ検索



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最多コスチューム
「3」にはクリア特典として、様々なシリーズ定番のオマケ要素が収録されています。
まず最初に注目すべきは、「マーシナリーズ」とタイトルが付けられたミニ・ゲーム。
制限時間内に、どれだけの敵を倒し、目指すべきゴールに辿り着けるか、という内容で、敵を倒したり、途中にいる要救助者を助けたりするとポイントや、制限時間の延長、アイテムが貰えるというゲームです。
ゴールに辿り着くと、謎の男から賞金が貰え、その賞金は蓄積されていく仕組みになっていました。
同じシステム・データで行えば、賞金は加算されていくシステム。
その賞金額で、本編に反映されるオマケ武器を購入出来る仕掛けになっていて、強力な武器に加え、弾が無限になるという特殊アイテムも購入出来ます。
プレイ出来る操作キャラクターは3人で、U.B.C.S.隊員の3人から1人を選択してスタート。
選んだキャラによって、所持している武器やアイテムが異なり、それに応じて難易度が変化している印象です。
とくにナイフとハンドガンしか装備していないニコライは、それなりの熟練した腕を持っていないとクリアは困難かもしれません。
また、本ゲームは、途中でゲームオーバーになっても、それまでに獲得したポイントは消失しないので、賞金額は加算して貰えます。
この点は、とても有難い仕組みですね。
0122.jpg

また、本編をクリアすると「エピローグ」が表示されるのですが、このエピローグは全部で8種類。
1回のクリアで1つだけ開示されるので、全てのエピローグを観るには最低でも8回はクリアしなければならない事に。
この点でも、ついつい繰り返しプレイしたいという欲求を刺激してくれます。
8種類のエピローグは、それぞれ別のバイオ・キャラのその後が語られており、とても興味深いところですね。
「4」でレオンがエージェントになったいきさつも、この「3」のエピローグで語られていますし、エイダの生存が明らかにされたのも、このエピローグが最初でした。
そして、本作のオマケ要素として最も注目すべきは、その隠しコスチュームの多さ。
シリーズ中、今尚、最多数を誇っており、PS&GC版で6種類、DC版では8種類の衣装が用意されています。
またPC版だけの衣装もあったりと、かなりの数になっていました。
この「3」は映画版「バイオ」の「2」にも大きな影響を与えている作品で、映画版の「2」は、意図してゲーム版「3」の世界観、設定を取り入れているようです。
0121.jpg

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://show1968.blog6.fc2.com/tb.php/57-e91f2cfe



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。