電子遊戯雑記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

岡部麻紀

Author:岡部麻紀


好きなゲーム
バイオハザード・シリーズ
サイレントヒル・シリーズ
零・シリーズ
D.O.A.シリーズ
サクラ大戦・シリーズ他・多数



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリー



最新の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク



過去ログ



ブログ検索



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラスト・エスケープ
「2」とほぼ同じ時間軸の、いわば外伝的な作りとなっている「3」。
その為、先日にも記した通り、当初は「3」の文字は入らずのタイトルでした。
シリーズの流れで言えば「ベロニカ」の方が「3」と呼べる内容であったとも言えます。
しかし企画や開発は「ベロニカ」の方が先であり、既に正式タイトルと番外編ということを発表済みだった事から、「ベロニカ」を「3」とする事はありませんでした。
また、開発は先にスタートしたもののマスター・アップは「ラスト・エスケープ」よりも後になる事が確実であったというのも要因の1つだと思われます。
「ベロニカ」を「3」にしてしまうと、「ラスト・エスケープ」を「4」として売り出すには順番としておかしくなってしまうからでしょうね。
雑誌等のインタビューでは数字の付く「バイオ」はPSシリーズでのみ発売する事にしている、とコメント。
この事から「ベロニカ」に「4」という文字が追加される事はなくなったと言えます。
もっとも、後に最新作の「4」がGCにて発売される事になったのですから、この発表、メーカーとしては重要視してなかったのでしょう。
「ラスト・エスケープ」に数字が付いたのも、早い話がセールスの為。
数字の「3」を付ける事で、正当な続編というイメージを与える役割を狙っていたと推察出来ます。
0117.jpg

本作の内容としては、システム面での大きな進化が多数見受けられます。
まず最も注目すべきは「ライブ・セレクション」なるシステム。
これは特定の場面で選択肢が現れ、どちらの選択肢による行動を取ったかでシナリオが分岐するというモノ。
選択肢によってエンディングが変化、或いはシナリオ変化というのはPS版「1」にもありましたが、今回は時間制限がついており、ゲーム進行でのルートの変化等、よりハッキリとしています。
この選定によっては難易度も変化すると言えました。
「3」当時では、既に「マンネリ」との批判もあった頃で、このシステムの導入は、そんなマンネリを緩和、新鮮な緊迫感を与えてくれるものでした。
その他にも小さな変更点として、特定の場所でのアイテム入手では、そのアイテムの種類がランダムになっていたり、階段を今までは○ボタンを押さないと昇り降り出来なかったのが、今回はそのまま走り行動だけで上り下りしてくれたり。
その代わりとして、ゾンビ達も同じく上り下りをするようになりましたが。
戦闘においても、様々な追加要素があります。
1つは爆破オブジェクト。
その名の通り、銃撃を加えると爆発します。
これを利用する事で、多数の敵を弾1発で仕留める事が出来る代物で、強敵に対して利用するという事も可能です。
2つ目は180度ターン(クイック・ターン)。
これもその名が示す通り、特定のコマンド入力によって瞬時に180度の方向転換をしてくれる動作です。
今までは方向キーによる後ろ向きへの動作であった為、どうしても遅くなっていました。
これは非常に使える動作で、以後のシリーズでも定番の動作となっています。
同時開発時であった「ベロニカ」にも、この動作は取り入れられました。
惜しむらくは「階段の上り下り」だけは、時間的に間に合わなかったようです。
3つ目は緊急回避。
リメイク版「1」の緊急回避とは意味合いが違い、こちらは敵の攻撃を避けてくれる動作。
今のところ、この動作が組み込まれているのは「3」のみ。
この動作も非常に有効で使える動作なのですが、時に避けたくない時でも「避け」の行動を取ってしまうという欠点があったのが残念なところです。
この「避け」を行う為のコマンド入力が、通常の攻撃コマンドに類似していた為、時にこういった状況になる事がありました。
恐らくこういった意見が多く寄せられていた為、非常に便利なシステムではあったものの、後の作品に取り入れられる事は無かったのでしょう。
4つ目は弾薬調合。
今回のタイトルでは弾薬を自分で作る、というシステムが導入されました。
通常の弾薬も拾えますが、その他の要素としてガン・パウダーの調合で弾薬の種類を選定して補充する事が可能という事に。
弾薬によっては何回か経験をしてからでないと、その上位弾薬を作成出来ないといった要素も。
そして、本作最大の「売り」でもある、「追跡者」。
この存在により、プレイヤーに対しての緊張感を増幅させています。
その名が示す通り、追跡者(モンスター名としてはネメシス)が現れると撃退しない限りは、一定のエリア移動を果たさない限り、常に追いかけて来るというモノです。
この追跡者出現と同時にBGMも専用の音楽になるので、この音楽が鳴り続けている限りは姿が見えなくても安心は出来ません。
この「追跡者」という、一定の間プレイヤーを追い回すモンスターの存在は後の作品にも幾つか取り入れられていて、やはり1つのシステムとしては確立されたと思って良いと考えます。(アウトブレイクのファイル1の「決意」、ファイル2の「突破」等)0118.jpg

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://show1968.blog6.fc2.com/tb.php/55-4f656aa1



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。