電子遊戯雑記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

岡部麻紀

Author:岡部麻紀


好きなゲーム
バイオハザード・シリーズ
サイレントヒル・シリーズ
零・シリーズ
D.O.A.シリーズ
サクラ大戦・シリーズ他・多数



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリー



最新の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク



過去ログ



ブログ検索



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リネ2を終えて
リネ2を引退しての翌日となりました。
リネ2に最初に出会ったのは、雑誌記事に掲載されていた写真だったと記憶しています。
それまでにも「リネージュ」というタイトルは、目にした事がありましたし、人気のあるMMOである事は知っていました。
私自身、初めてMMOを始める際の候補にしてた事もあります。
実際に私が初めて有料のMMOとして選んだのは「天上碑」というタイトルでした。
現在は「新・天上碑」となっています。
098.jpg

西洋風のファンタジー物が多い中、中国を舞台にしていたのも、魅力的に映った要因です。
キャラクター自体も日本のアニメを意識しているようなデザインで馴染みやすかったというのもありました。
また、高いPCスペックを要求していないのも、選んだ理由の1つであり、何より無料でのお試し期間があったのは良かったです。
同時期にお付き合いさせて頂いたネット知人さんの多くは「ラグナロク・オンライン」をプレイ、または薦められましたが、無料でのお試し期間が無かったので敬遠。
プレイしてみて、「合う、合わない」というのがあるので、課金してから自分には合わなかったとしたら嫌だな、と思いましたし、また勿体無い気がしたからです。
天上碑はMMO初心者には優しいシステムだったと思います。
出来る事はラグナロクに比べたら少ないですが、初体験である私には丁度良い入門オンライン・ゲームだったと言えます。
しかし、そんな「天上碑」も長くは続きませんでした。
3ヶ月程で、引退を決意。
最大の理由は、とくに親しい仲間との出会いが無かったからなんでしょうね。
いわゆる「野良」での狩りはしたものの、その後も同じ人とプレイするという事はありませんでした。
ただ、年齢層の幅広さには驚いたりもしましたね。
結構、お年を召した方もプレイされていたようで、60歳のお爺さん、お婆さんプレイヤーさんとのお話は、とても新鮮でした。
さて、リネ2に話を戻しますと、リネ2をやりたいと思い始めたのは公式サイトがオープンしてからです。
そこで紹介されている情報やムービー、SSを観て、3Dのゲームとしては珍しい、国産アニメ的なデザイン、そして、やはり日本人が抱くファンタジー物の衣装デザインを意識したようなデザインに惹かれていました。
ドワっ娘においては、完全に日本のアニメ・ファンを対象にしてデザインをしたそうなので、半ば日本ユーザーを最初から対象にしていたんでしょうね。
しかし、当時の私のPCではとても動かせるスペックではありません。
そこで少しずつではありますが、資金を貯めてPCの買い替えを行います。
それでも予算的には厳しかったので、まずはグラフィックボード無しの状態で購入。
時期的にはまだクローズド・ベータでしたので、オープン・ベータが始まったらボードを買おうと考えてました。
そして迎えたオープン・ベータ。
この時にはボードも購入し、準備万端。
ところが初日にはプレイ出来ませんでした。
公式サイトからダウンロードしたソフトには不具合があったらしく、プレイする際のアップロードが出来なかったのです。
いきなり初日からつまずきを見せてくれたNCJですが、その後の運営内容を暗示していたかのようです。
仕方なく、私は2日目からスタート。
そして、引退までの日数をプレイしてきた事に。
振り返れば、本当に随分長い事、毎日のようにプレイしていたんだなぁと感じます。
好きなバイオハザードのゲームでも、毎日プレイするなんて事はしませんし、こんなに長い期間、同じゲームをし続けた事は無かったでしょう。
勿論、これはゲーム内で知り合った仲間や友人、知人との交流があったからに他なりません。
096.jpg

リネ2内でのNCJが用意したイベント内容は、あまり評判が良かったとは言えませんが、それでもハート集めやクリスマス・ツリー集めといったイベントは、それなりに楽しめてたと思っています。
出来れば、そのイベントにおいての報酬というか景品内容がユーザーの期待通りであったなら、もっと違った評価が得られていたような気がします。
今月の1日に行われた「バイウム出現」イベントは、個人的には良いイベントであったと思っています。
なかなか観る事は出来ないモンスターですからね。
例え、名前が若干違っていたり、中身が違っていたとしても。w
時間が合えば、私も観てみたかったですね。
イベント告知のポスター(?)も、昔の怪獣映画風で面白かったです。
097.jpg

色々な思い出があったリネ2ですが、今後も続けていく多くの人達の活躍を、プレイ日記等のサイトを通じて、陰ながら楽しませて頂きたいと思います。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://show1968.blog6.fc2.com/tb.php/46-4c4f1c36



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。