電子遊戯雑記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

岡部麻紀

Author:岡部麻紀


好きなゲーム
バイオハザード・シリーズ
サイレントヒル・シリーズ
零・シリーズ
D.O.A.シリーズ
サクラ大戦・シリーズ他・多数



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリー



最新の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク



過去ログ



ブログ検索



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


かまいたちの夜X3~三日月島事件の真相~
サウンド・ノベル・ゲームといえば、真っ先に挙げられるであろうタイトルが「かまいたちの夜」シリーズと思います。
1作目、2作目、共にヒットした事は記憶に新しいと感じますが、そんな同シリーズの完結作と銘打って発売されたのが「~X3」という作品。
ナンバリングの「3」ではなく、「X3」と記して「トリプル」と読ませる点は、目新しいと言えますね。
完結編という事で、新しいシナリオにおける新作である事は間違いありませんが、これまでのソフトと異なる点は「1」「2」のシナリオも収録されている点です。
それ故に「X3」トリプルという事のようで、「1」と「2」のメイン・シナリオ分のゲームは、これ1つで楽しめてしまうというお得なパッケージ・タイトルになっていました。
さすがに、メイン・シナリオから外れる派生シナリオへの分岐は無いものの、メイン部分だけでも十分面白い作品なので、前作&前々作をプレイしていない人には、お買い得と言えますね。
逆に、プレイしているユーザーでも、既に手放してしまっているという人も多いでしょうから、そういう意味でも嬉しい要素と言えそうです。
価格も5800円と安価になっているので、その点でも買い求め易い印象があります。
20070224213204.jpg

今回の作品における完結編は、前作の純粋な続編として描かれていました。
元々は、前作の追加ディスク的な発売を予定していたそうで、その為に前作の物語から1年後のストーリーになっていたようです。
本作では、従来のシステムからの変更点として、複数のキャラクター視点から、物語は進められていく形になっています。
ある程度シナリオを進めたら、次に別の主役視点に切り替えて物語を進め、そこでの行動選択肢を選ぶ事で、他の主役における行動へ影響を与えるといった仕組みです。
つまり、1人の主役視点で物語を進めては、ベスト・エンディングへは到達出来ないといった仕様ですね。
また、派生シナリオへと進める際も同様で、用意された主役達の視点で、進めたいシナリオへの行動選択肢をチョイスしていかないと、そのシナリオには進めなかったりするのです。
このシステムは、チュンソフトがセガと協力して生み出した、新たなサウンド・ノベル「街」という作品で採用されたザッピング・システムの継承と言えるかもしれません。
「街」が発売された際は、この斬新なシステムが高く評価され、絶大な支持を集めたものです。
完結編でのシナリオ・ボリュームは、実のところ、そんなに大きくありません。
元々、追加シナリオとして用意されたストーリーですから、これはある意味当然の結果と思います。
それ故に、価格も安価に抑える事が出来たのでしょう。
そのボリューム不足を感じさせない工夫としては、このシステムは正解だったように感じます。
ただ、弊害としては、何度も同じ内容のテキストを読ませられる、という面もあります。
最初は既読スキップが適用されない為、各主役視点でのシナリオ進行において、同じ内容のシナリオを読まなければならない場面も多かったのは、ちょっと辛いと感じる部分です。
また、読み直したいと思うシナリオへと繋げるには、各主役視点での行動を、そのシナリオ向けに変更し直さなければならない面があり、その点では逆に不便、不満と感じる部分も・・・・。
それでも、まだシステム的には面白い試みでしたし、個人的には初体験のシナリオでしたので、十分楽しませてくれたのは良かったです。
但し、肝心のシナリオそのものはどうだったかというと・・・・・。
正直、大不満です。
ボリュームが少なかったとか、そういった事ではなく、これが事件の真相だとされた内容が、あまりにも陳腐に感じたからです。
ここで、その理由の詳細を書き記すと、完全なるネタばれになってしまうので控えますが、こんな結末が前作事件の真相とされるなら、出さないでくれた方が良かったと感じてしまいます。
少なくとも私はそうでしたし、私と同様に感じた人は意外と多かったです。
分かり易く提示するとしたら、「夢オチ」みたいなものですね。
それ位、ガックリとさせられてしまう内容でした。
20070224213232.jpg

因みに、本作でもお約束の「ピンクの栞」は存在。
最初は、この「ピンクの栞」の収録は、予定されていなかったそうです。
しかし、販売を担当するセガから、「ピンクの栞」が無いのは、ユーザーの期待を裏切る、として、セガからの要望で追加されたそうです。
しかし、前作での過激な描写は、さすがにCEROが立ち上げられた事もあって不可能と判断され、現在流行の「萌え」イラストによるシルエット化での演出になったとか。
確かに、前作のような描写を盛り込めば、その為だけに対象指定がD指定になってしまうでしょうから、この判断は正解でしょう。
ただ、通常画面における3D人物のシルエット・キャラとのギャップも大きく、この萌え系のキャラ・イラストには抵抗を感じた人も少なくありません。
私自身も、このアニメ絵イラストによるキャラクターは、違和感を感じざろうえません。
従来のシリーズ・ファンには懐かしい、3DダンジョンRPG風の展開は面白かったですが、これが成功したかは微妙な印象を抱きますね。
まぁ、1回は観ていて楽しいとは思ったものの、繰り返し楽しむ・・・とはいかないかも・・・です。(苦笑
もし、監獄島での「かまいたちの夜」を楽しむなら、「2」だけに留めておいた方が良いかもしれません。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://show1968.blog6.fc2.com/tb.php/269-cbc8fee5

かまいたちの夜とは

かまいたちの夜かまいたちの夜( - よる)は、チュンソフトが1994年11月25日に発売したスーパーファミコン用ソフト。ジャンルはサウンドノベル。脚本は我孫子武丸、監督は麻野一哉。総監督は中村光一。スキー旅行に出かけた主人公・透とその友人・真理が、滞在先のペンショ ゲーム情報局【2007/03/08 02:54】

かまいたちの夜X3~三日月島事件の真相~

チュン・ソフト開発、セガから発売のPS2用サウンド・ノベル「かまいたちの夜X3~三日月島事件の真相~」のOPムービーです。中古車・中古車情報・中古車販売なら車選びドットコム同名シリーズの完結作として発売された作 電子遊戯雑記II【2007/02/26 14:14】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。