電子遊戯雑記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

岡部麻紀

Author:岡部麻紀


好きなゲーム
バイオハザード・シリーズ
サイレントヒル・シリーズ
零・シリーズ
D.O.A.シリーズ
サクラ大戦・シリーズ他・多数



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリー



最新の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク



過去ログ



ブログ検索



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ローグギャラクシー その3
久し振りの更新となりますが、今回も「ローグギャラクシー」について記したいと思います。( ^ ^ ;
既に発売されてから半年以上も経っているので今更感もあるかもですが、個人的には気に入った作品なので。
本作で強く印象に残っているものとして、ゲーム中に流れる音楽があります。
あまり話題になる事はありませんが、とても気に入っています。
スタート画面で放置していると流れるOPムービーで使用されているメイン・テーマ曲は、特に気に入っているメロディです。
その他にも戦闘シーンで流れる曲やイベント・ムービーで流れる曲等、どれも個人的にヒットしている楽曲が多いですね。
金銭的に余裕があれば、BGM集のCDを買いたいと思う程です。
0547.jpg

本作を気に入った要因の1つとして、やはり物語の面白さがあります。
勿論、これは好みの問題なので、良くなかったという人もいると思いますし、中には「これは○○の作品の影響を受けている」「色んな作品のテイストを盛り込んである」といった意見もあるかと思います。それを良しとしない人にとっては、批判の対象になるのは仕方ない事と受け止めます。
ただ、個人的にはどんな作品でも、必ずどこかしら真似をしている作品は多いと思うので、要はそれらのモノを上手く構成し、1つの形に出来ていれば良いと考えています。
例えば「機動戦士ガンダム」にしても、映画「スターウォーズ」の影響を受けている事は、デザイン等を観ると如実に分かりますし、以前爆発的なヒットを飛ばした映画「マトリックス」にしても、多くの日本アニメ作品から影響を受けてる事は有名です。
「バイオハザード」にしても、基を突き詰めれば「アローン・イン・ザ・ダーク」がモデルになっている事は明らか。
それでも、1つの作品として成立していれば、似ている事はあまり関係してこなくなります。
「サイレントヒル」にしても、国内で観れば「バイオ」とソックリですからね。
さて、話を戻すと、物語が面白いと告げましたが、やはり不満点が全く無い訳でもありません。
部分的には描ききれていない面も、正直あったからです。
また、登場当初はそれなりに活躍するのかと思っていた提督と呼ばれるキャラは、結局、その登場した章のみの活躍で、物語の大筋には全く絡んで来なかったりと、少々期待はずれ的になってたのは残念。
ただ、ゲーム全体で観れば、大作としての壮大さはあって、終盤での盛り上がりも秀逸だと感じます。
冬休みの年末年始タイトルとしては、正にピッタリの大作RPGと言えるんじゃないでしょうか。
0548.jpg

この作品をプレイしていて、少し気になった点が幾つかあります。
1つは、音声出力のズレが生じる点です。
これは、私の所有している型番が古い為なのかもしれませんが、イベント・ムービー中、音声が止まり、映像だけが流れ、その後、後を追うように台詞が出力されるというズレです。
その為、音声が終わらない内にムービーが終了してしまったり、音声が重なって出力されたりという現象が起きてました。
時には、全く音声が流れないまま、ムービーが終了する事もあります。
この現象が特定のムービーのみなら、その部分だけに問題があったという事になりますが、プレイ時によってそういった現象が起きる場所が変化するので、特定の場所の問題ではなさそうです。
恐らく、データの読み込みにおいての問題で、このような現象が起きてしまうのだろうと思いますが、この点はシームレスを実現した弊害の1つなのかもしれません。
2つ目は2週目におけるスタート地点です。
クリア・データを使うと、ゲーム終盤からゲームを再スタート出来るシステムになっています。
これは「DQ8」で採用された2週目と同じシステムで、ラスボス戦前から、新たなダンジョンを楽しめるというモノ。
それ自体は悪くないのですが、私的には物語の最初からのプレイも可能にしてほしかったというのがあります。
コスチュームの引継ぎだけ行っての再スタートは、特定のコマンドを入力する事で可能ですが、レベル上げや武器等は、0からのスタートなので、繰り返しプレイするにはシンドイと感じます。
せめて、選択肢を用意して、プレーヤー側に選択させてくれると嬉しかったですね。
3つ目は、2週目でもED内容に変化が無かった事です。
本作の前にレベル5が開発した「DQ8」では、2週目で新たに追加されるシナリオがあり、それをクリアしてからEDまで進めると、内容が変化。
いわゆる「真のエンディング」が用意されていたので、本作でも同じようなシステムを採用していた事で、今回も追加されたシナリオをクリアする事で、EDに変化が発生するものと期待していました。
ところが、残念ながらED内容に変化はなく、ちょっと残念です。
とあるキャラの過去が判明するシナリオが追加されていただけに、EDの変化が生まれるのかな?と期待していたんですが・・・。
せめてラストで語られた「ラスト・ミッション」の詳細が観れると期待していただけに、残念でなりません。

ローグギャラクシー公式HP
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
やまちんさん、こんばんは。
PS2のRPGとしては、DQ8とシャドウハーツ2、そして本作のみ、手許に残してあるタイトルで、私も気に入っています。
ゲームのクリア、お疲れ様&おめでとうございます。
クリア後の要素は、ちゃんとシナリオもついていて良かったですね。
残念なのは、これをクリアしてからEDを迎えたら、何かしら変化してくれると尚良かったのですが。(苦笑
好きなキャラクターは、ジェスターを育てた神父さんですね。
あの穏やかな振る舞い、優しさがとても良いなぁと思っています。
提督さんに関しては、本当に、もうちょっと活躍して欲しかったですね。 (^ ^ ;
【2006/12/02 17:26】 URL | 岡部麻紀 #- [ 編集]

ローグギャラクシー
岡部さんお久し振りです。
昨夜ようやくエンディングを見ました。
個人的にはすっかりお気に入りのRPGの仲間入りとなりました。やはりストーリーが良かったですし、キャラクターや舞台設定も文句ないレベルでした。
ラスボスはスティーブとジュピスの2人だけ苦戦しました(笑)。
後は楽勝でしたね。
エンディングの曲も良かったです。

岡部さんもおっしゃっていた通り、全体的に音楽が良く出来ていますよね、個人的にはマークが登場する時の曲と6章のラストで流れた曲が好きです。

かなり気に入ってしまったので、設定資料集に手を出そうかと考えています。
過去に設定資料集を買った作品はファンタシースターとファイナルファンタジーⅦだけなので、個人的には珍しい事です。
まあ、それだけ気に入ったという事なんですが(笑)。

キャラクターではゼグラムが好きです。
ナイスキャラだと思いましたが、どうですか?
あと例のフォックス提督は確かに期待してしまいますよね?
その後1度くらいしか出て来なかった(ダイトロン社の新型戦艦が完成した時)ような……(笑)。

それで今はクリア後の幽霊船をやっていますが、これって私にとっては凄い事なんですよ。
実は今までエンディング後に隠しダンジョンが出るとか、更に行ける場所が増えるとかいった追加的要素に手を出す事なくゲームを終わらせてきていました。
今回初めてエンディング後の冒険を経験しているわけです。
やり込み系の作品は苦手だったのですが……。
それくらい本作品には魅力を感じてしまいました。
頑張ってコンプリートチェックをうめていきたいと思います。
それでは今後も岡部さんのレビュー期待してますね。
【2006/11/29 21:46】 URL | やまちん #- [ 編集]

4の舞台は仰る通り、サイレントヒルの街ではありません。
一部の章でサイレントヒルの森は出てきますが、街は出てこないです。
但し、キャラクターや背景設定で、これまでの作品と繋がる部分が多数登場していますね。
管理人が2の主役の父親というのもそうですが、今回の黒幕は「2」にも名前が登場しています。
また、4の舞台の1つとなっている孤児院も「3」のファイルで登場しており、アレッサとも深い関わりがある事を示すファイルも出てきます。
他にも、キー・パーソンとなるジャーナリストは、「3」でも名前が登場しています。
このように、直接的には繋がっていないようで、多角的に繋がりを持っているのが、本作の隠れた魅力と言えそうです。
【2006/10/22 20:16】 URL | 岡部麻紀 #- [ 編集]

岡部さん、こんにちは

サイレント?ヒルはまさに悪夢を見ているような作品でした。
1からやり始め、(2はX箱で)3までしかプレイしていません。
なぜ4に手を出さなかったかというと、舞台がサイレント?ヒルじゃないと知ったからです。

多少は関わりがあるんですよね?
2の主人公の父親が出て来たりとか……。

サイレント?ヒルは出てこないんですよね?
それとも出て来ます?

あと、更新は岡部さんのペースで良いと思います(笑)。
現在あるものだけでも参考になりますし、これだけのコメントを書き記している事だけで、わたくしは尊敬の念を抱いておりますので……。
なんといっても構成力が素晴らしいですね!
【2006/10/21 15:35】 URL | やまちん #- [ 編集]

やまちんさん、こんにちは。

★あまり良い話を聞かなかったので買わずにいた

私も最初はそういった不評意見を多く目にしていたので、購入は中古で安くなってからでした。
それだけに、逆に思ってたよりも悪くないという受け止め方が出来たとも言えますね。
確かに問題点は少なくなかったとも思いますが、ネット上の不評レビュー程、酷いとは思わなかったですね。

★大好きなサイレント?ヒルの関連記事を探していた時

そうでしたか。
サイレントヒル・シリーズは「1」からの付き合いで、好きなタイトルの1つです。
私の書いた内容で楽しんで頂けましたのでしたら、書いた本人としては嬉しい限りです。
久しく更新してませんが、そろそろ更新しようかな。(苦笑
【2006/10/21 13:07】 URL | 岡部麻紀 #- [ 編集]

返答ありがとうございます。

友人2人がローグギャラクシーをプレイしたそうですが、やはり不評でした。

このソフトは以前から気になってはいたものの、あまり良い話を聞かなかったので買わずにいたのですが、ある日新品が980円で投げ売りされていたので迷わず購入したわけです。

そもそも、このサイトを見つけたのは大好きなサイレント?ヒルの関連記事を探していた時でした。
岡部さんの読み応えのある批評を見つけ、こういう文章こそ自分の求めてたモノだと思いました。

まだまだ読んでないところがたくさんあるので、今後じっくり楽しんでいきたいと思ってました。
では……。
【2006/10/19 21:25】 URL | やまちん #- [ 編集]

やまちんさん、こんばんは。
初めまして。
もう長いこと更新停滞してますが、こうしてコメントを残して下さり、有難うございます。
ローグギャラクシーのストーリーは王道的ですが、だからこそ、面白いというのがありますからね。
ゲーム・システムについては、色々コアなゲーマーさんからは不評ですが、個人的には良かったと思っています。
私も部分的に不満に感じたところはありましたけど、100%完成されたゲームなんて存在しませんからね。
【2006/10/19 21:04】 URL | 岡部麻紀 #DSptUo96 [ 編集]

はじめまして
偶然見つけたこのサイト、参考にさせていただいております。

実は先週からローグギャラクシーを始めたのですが、ストーリーの良さにグイグイ引き込まれてしまいました。
まだまだ序盤ですが、大きな不満点もなく楽しんでおります。

それでは失礼致します。
【2006/10/19 12:47】 URL | やまちん #- [ 編集]

ボクサー湧平さん、こんにちは。

ダーククロニクルはプレイした事ありませんが、評判が良い事は伝え聞いています。
ゲームの作りも、DQ8、本作へと継承していると感じますね。
X箱で発売予定だった「トゥルー・ファンタジー・ライブ・オンライン」も、同社らしい作りになっていました。
【2006/08/06 13:56】 URL | 岡部麻紀 #- [ 編集]

岡部さん!!こんにちはっす!!
・・・なんかこのゲーム・・・匂いを感じます・・・
なんだろ?・・・と思ったらダーククロニクルにソックリ!!!
やはり会社もレベルファイブでしたか──
ダーククロニクルもゲーム性能はもちろん、曲もすばらしいですよ~^^
【2006/08/05 03:28】 URL | ボクサー湧平 #Bbkdju3s [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://show1968.blog6.fc2.com/tb.php/265-4b13ad5e

ローグギャラクシー

SCEから発売のPS2用RPG「ローグギャラクシー」のプロモーション・ムービーです。ローグギャラクシー トレーラー|無料動画、動画配信、フラッシュ動画ストリーミングはムービーキャスターへ「ドラゴンク 電子遊戯雑記II【2006/07/15 18:15】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。