電子遊戯雑記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

岡部麻紀

Author:岡部麻紀


好きなゲーム
バイオハザード・シリーズ
サイレントヒル・シリーズ
零・シリーズ
D.O.A.シリーズ
サクラ大戦・シリーズ他・多数



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリー



最新の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク



過去ログ



ブログ検索



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


グローランサー
0487.jpg

既に5作ものタイトルが発売されている、同名タイトルの人気シリーズ第1作が本作です。
これまでメサイヤで「ラングリッサー」シリーズを手がけていたキャリア・ソフトが、アトラスに移ってから制作した新たなRPGで、作りやキャラ・デザインは、ほとんど「ラングリッサー」と変わらない印象があります。
ただ、「ラングリッサー」シリーズは、シミュレーションRPGだったのに対し、コチラは純粋なフィールド型RPGになっています。
当然ながら物語りは完全オリジナルで、新たなスタートとしての意気込みは随所に感じられました。
本作では、「ラングリッサー」で培ったモノは、全て注ぎ込んでいる内容で、ヒロイン・セレクトに似た、好感度の上下によるヒロイン決定システムや、静止画によるイベント発生も取り入れられていました。また、本作でも美麗なOPアニメーションが主題歌付で制作されましたが、そのアニメーションは男性キャラ・バージョンと女性キャラ・バージョンの2種類を用意。
男性バージョンは男性キャラ中心で構成され、主題歌の歌手も男性ボーカルで収録。
対する女性バージョンでは、女性キャラ中心で構成され、歌手も女性ボーカルとなっている凝り様。
いかに新作の開発に力を入れていたかが窺えます。
キャリア・ソフト=「ラングリッサー」というイメージが大きかっただけに、それを払拭したいと言う想いもあったように感じました。
ゲームそのものは、オーソドックスな内容と感じます。
特に目新しい事はありませんでしたが、それ故にシッカリとしたモノを作られたのだとも感じます。
ストーリーも王道的ではありますが、とても良かったですね。
「ラングリツサー」での分岐は廃されましたが、それで正解だったとも感じてます。
この1作目の成功で、2作目の発売は比較的早くに成されました。
折りしもPS2が登場した時期という事もあり、その後は全てPS2での発売。
結果的に、本作だけPS1用ゲームとしての発売となってしまいました。
私自身は、本作以外はプレイしていませんが、キャリア・ソフトにとって「ラングリッサー」に代わる代表作となったのは間違いないでしょう。
「ラングリッサー」は5作目で完結を迎えましたが、果たして「グローランサー」は何作まで続くのでしょうか。
0488.jpg


グローランサー・シリーズ公式HP
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://show1968.blog6.fc2.com/tb.php/239-ab8be56c

グローランサーグローランサー(GROW LANSER)は、アトラス (ゲーム会社)|アトラスから1999年11月25日に発売されたプレイステーション用ゲームソフト(Best版は続編である『グローランサーII』と2001年7月26日に同時発売)。及び同ゲームを1作目とするシリーズの総称。.wiki ゲーム情報局【2007/07/28 11:36】

グローランサー

アトラスから発売のPSゲーム「グローランサー」のOPアニメーションです。グローランサー OP|無料動画、動画配信、フラッシュ動画ストリーミングはムービーキャスターへ 電子遊戯雑記II【2006/03/22 00:30】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。