電子遊戯雑記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

岡部麻紀

Author:岡部麻紀


好きなゲーム
バイオハザード・シリーズ
サイレントヒル・シリーズ
零・シリーズ
D.O.A.シリーズ
サクラ大戦・シリーズ他・多数



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリー



最新の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク



過去ログ



ブログ検索



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


プループレーカー
1996年にPC-FXのキラータイトル候補として発売されたRPGが本作、「ブルーブレーカー~剣よりも微笑を~」です。
企画・ゲームデザインには「ときめきメモリアル」で有名になった立石流牙氏が参加という事で、一躍注目と話題が集まった作品でもあります。
当時は「ときメモ」が社会現象になる程のブームでしたので、このニュースは話題にならないはずがありませんでした。
4機種・次世代機戦争の中で、最も苦戦を強いられていたPC-FXにとっては、正に起死回生のキラータイトルと期待されていたと思います。
実際、ゲームとしての完成度はFXゲームの中でもトップ・クラスで、FXの特化した機能「アニメーション再生」をフルに活用し、多数のイベント・アニメが盛り込まれています。
勿論、RPGとしても十分な出来で、そればかりか、従来のRPGには無いシステムも用意されていました。
通常、RPGにおいてはレベル上げの為の経験値稼ぎの為、無駄にフィールドを移動しての戦闘を行うものですが、本作では適度に物語を進めながらプレイしないと、同行するPTキャラから「時間の無駄使い」と不満を洩らされ、主人公との好感度も下がってしまいます。
また、複数登場してくるヒロイン達とはPTを一緒に行動する事で好感度が上がる仕組みですが、PTの入替を行うと、外されたヒロインの好感度は下がるという、何ともリアルな設定。
それとヒロイン同士には相性という設定もあり、相性が良い同士だとプラス、相性が悪い者同士だとマイナスの影響が出たり、最悪PT拒否されてしまう事も。
このPT編成も、重要な部分となっています。
また、主人公にはライバル・キャラとなる勇者がいますが、普通の作品だと大抵イヤな性格になっている事が多いのですが、コチラは勇者という名に恥じない、本当に紳士的なキャラで主役に対しても好意的。
それでもヒロインとの恋愛においては油断ならない相手、というのが面白い試みです。
そして、最も悩まされるのがレベル・アップ時に登場する「レベルアップ妖精」というキャラでしょう。
このキャラ、ケイン一行がレベルアップすると、「レベルアップ」した事を告げる為だけに登場するのですが、その際、同行しているPTにいるヒロイン2人の内、どちらが好きかを問いて来ます。
この質問の拒否は出来ず、必ずどちらかのヒロイン名を答えなければなりません。
答えたヒロインの好感度は当然上がりますが、答えなかったヒロインの方はやはり好感度が下がってしまいます。
何より、その後の空気が重苦しくなるのが・・・・。(苦笑
普通、レベルアップするのは嬉しいものなのですが、このゲームではレベルアップが怖いと感じさせる不思議なゲームでもあります。(苦笑
でも、レベルアップさせていかないと、後々のモンスターを倒せないので育成は止められませんが。
因みに戦闘でPTキャラのHPが0になった状態で終了すると、やはり不満の声を発し、好感度が下がります。
まぁ、これは当然といえなくもありませんが、これも通常のRPGには無いシステムですね。
0475.jpg

ストーリーについても、普通のRPGとは、かなり異なっています。
主人公は冒頭、家の家訓により決まった年齢を迎えると結婚相手を捜す旅に出なければならないという事で、父親からお嫁さん探しへの旅立ちを促されます。
そして、一緒に同行するメイン・ヒロインと出発し、父親に指示された場所へまず向かい、そこで指示通りの事をすると、何と魔王が復活。
父親が指示したのは、魔王の封印を解く事だった事が判明。
何故、そんな事を指示したのか、父親の真意が分からず、知らなかったとはいえ、魔王を復活させてしまったので、お嫁さん探しと並行して(!)、魔王退治への冒険をする事になる、というモノ。
こういった導入、冒険目的というのは、かなり新鮮と思えます。
目的の1つは「お嫁さん探し」なので、登場するヒロインの数は相当数になります。
隠しキャラを含めると、11人。
変わっているのは、その中で「普通」の人間は半数程しかいないという事。
ほとんどのヒロインは妖精であったり、人造人間であったり、神様だったり・・・。(笑
また、冒険の目的は魔王を倒す事だけでなく、お嫁さん探しもなので、ヒロインとのED条件を満たさずに魔王との最終決戦に挑むと、例え勝利してもハッピーEDにはなりません。
というか、バッドED扱い・・・・。
なので、魔王退治の物語を進めながらも、ヒロイン達との関係、シナリオも進めなければなりません。ところが、このゲームにおけるヒロイン達との好感度上げは、かなり難易度が高いと感じます。
好感度が上がっているかどうかは、ヒロイン達の反応(バストショット表示での動作、表情)でしか読み取れません。
中位までは、全くと言って良い程、反応に変化がないので、上手く行っているのか?という判断が難しくなっています。
また、RPG上における上記のシステムの影響もあって、せっかく上げても、その分下がってしまう事もあり、他の作品で良くある「複数同時進行」というのは無理に近いでしょう。
フラグの立て方も、特定のヒロインがいないと発生しなかったり、特定のヒロインから情報を聞かないと進行しないケースもあります。
特に後者は、そのヒロインがどの街にいるかは、プレイ中では分かりませんので、初回プレイでは出逢う事も難しいという事に。
ギャルゲーというと難易度は低いと思っている人が多いですが、本作に限っては当てはまりません。どちらかというと、普通のRPGより難しい部類に入る事でしょう。
0476.jpg

この作品はヒューネックスから発売されましたが、後にSSとPSからもヒューマンからの移植という形で発売が成されました。
正直、SSやPSでのアニメ表示はFX版には遠く及ばないと感じる出来。
とはいえ、その他の部分は問題ないと言えます。
因みにPS版だけは追加シナリオが用意され、サブ・タイトルも「笑顔の約束」に変更されました。
追加シナリオはともかく、何故サブ・タイトルを変更したのかは不明。
尚、「笑顔の約束」というのは、OPソングの曲名でもあります。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://show1968.blog6.fc2.com/tb.php/233-816a3920

ブルーブレーカー~剣よりも微笑を~

PC-FXソフト「ブルーブレーカー~剣よりも微笑を~」のOPアニメーションです。ブルーブレーカー~剣よりも微笑を~OP|無料動画、動画配信、フラッシュ動画ストリーミン 電子遊戯雑記II【2006/03/01 15:11】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。