電子遊戯雑記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

岡部麻紀

Author:岡部麻紀


好きなゲーム
バイオハザード・シリーズ
サイレントヒル・シリーズ
零・シリーズ
D.O.A.シリーズ
サクラ大戦・シリーズ他・多数



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリー



最新の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク



過去ログ



ブログ検索



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


零の集大成
1ヵ月半もの長期、更新をしていませんでした。
ここ数日は本サイトの更新に集中していた為、スッカリ手をつけられてませんでしたが、ようやく少し時間が作れたので久し振りに更新です。
さすがにもう、毎日更新は無理なので、随時更新に切り替えさせて頂きます。
そして更新再開の第1弾は、今年の夏に発売された「零」シリーズの最新作にします。
0463.jpg

ホラー・ゲームと言うと、何故か冬や春、秋と旬であるはずの夏場に発売される事がまず無かったのですが、本作は旬の夏に発売となりました。
本作の主人公も女性という事に変わりはありませんが、今までと異なる点も幾つかあります。
1つは、今までの主人公が未成年、10代の少女であったのに対し、今回は成人女性です。
何故、今までは少女が主人公だったのかは、ある程度の予測がつく事でしょう。
古来より霊感が強いのは女性、それも幼ければ幼い程強いとされています。
古の儀式においても、生贄にされるのは大抵女性であり、巫女としての能力を有するのも女性です。
世間一般で活躍している霊能力者と呼ばれる人の大半が女性なのも、そういった経緯があるからなのでしょう。
無論、男性にも霊感が強い人はいますが、比率としてはやはり少ないと言えます。
今回の主役は、恋人を自らの自動車事故で死なせてしまったフリー・カメラマンの女性という設定。
名前は黒澤 玲といい、シリーズのファンなら、この姓を見て、思わずニヤリとしてしまう事だと思います。
また、彼女の恋人の名前も麻生という姓である為、シリーズ・ファンとしては、従来の作品との関わり合いも興味を惹かれる部分です。
そして、この作品では彼女以外にも主役が存在します。
メインの主役は怜である事に変わりありませんが、他にも2名が物語りに深く関与し、プレイヤー・キャラクターとして操作が可能。
いわば3人の主役の視点を交互にプレイして、物語が進行するスタイルになっていました。
今までは主役1人の視点からのプレイであった為、今回のシステムは新しい試みと言えそうです。
さて、他の2名はどんなキャラなのかというと、1人目はシリーズ初の男性主人公となる天倉 蛍。
この姓にも、ファンなら見覚えがあると思います。
この男性は「2」の主人公だった天倉姉妹の叔父にあたる人物で、あの「2」の物語後、謎の夢による病気に陥った澪を救うべく奔走している設定です。
因みに「1」「2」共に複数のエンディングが用意されていましたが、本作はどちらもノーマル・モードでのエンディング後の設定です。
その為、姉である繭は、紅い蝶となってしまった状況になっています。
彼も姉妹と同じ血族である為、若干の霊力は持ち合わせているようですが、やはり男性と言う事で、極めて極小。
その為、基本的には登場する敵との戦闘はボス戦以外は、避けていくのがセオリーとなっています。
その代わり、男性ならではの能力として、女性主人公では渡れない場所へ移動したり、物を動かして新たな進路を開拓したり出来る仕組みです。
そして最後は、「1」の主人公だった雛咲深紅です。
0464.jpg

彼女も1作目の物語で兄を失ったエンディング後となっていて、その兄の友人でもあった怜の恋人の紹介を得て、彼女の助手として住み込みで働くようになったという設定です。
「3」は「1」から2年後という設定である為、深紅は高校卒業と共に、怜のところに来たと考えられます。
1作目では彼女の趣味とかは分からなかったものの、本作では彼女の私室も登場する為、その部屋から彼女がどういった女の子だったかが窺えます。
彼女の部屋は純和風で統一されており、家事全般も全て、怜は深紅に任せっきりである事が判明します。
怜曰く、深紅がいなかったら、生活は大変な事になっていたと自覚させる程で、まさにお嫁さんにしたい女性といった女の子のようです。
やはりというべきか、3人の主人公の中では最も霊力が高く、戦闘においてはかなり強いという印象がありました。
この作品は「1」と「2」のキャラクターが大きく関わっている事で、何となくシリーズの集大成的なタイトルと感じさせてくれます。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://show1968.blog6.fc2.com/tb.php/226-658adfeb

フェイタル・フレームIII~The Tormented ~

テクモから発売のPS2ソフト「フェイタル・フレームIII~The Tormented~」のプロモーション・ムービーです。フェイタル・フレームIII~The Torme 電子遊戯雑記II【2006/03/19 00:41】

零~刺青の聲~

テクモから発売の人気ホラーADVゲーム「零~刺青の聲~」のプロモーション・ムービーです。零~刺青の聲~トレーラー|無料動画、動画配信、フラッシュ動画ストリーミングはム 電子遊戯雑記II【2006/03/17 00:52】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。