電子遊戯雑記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

岡部麻紀

Author:岡部麻紀


好きなゲーム
バイオハザード・シリーズ
サイレントヒル・シリーズ
零・シリーズ
D.O.A.シリーズ
サクラ大戦・シリーズ他・多数



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリー



最新の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク



過去ログ



ブログ検索



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゆうわくオフィス恋愛課
PSとSS、両機種から発売された、恋愛シミュレーション・ゲームです。
ゲーム内容は違いますが、実は「ツアーパーティー」の続編となっている作品でもあります。
「ツアーパーティー」からヒロイン3人が登場し、サブキャラも登場しているので、世界観は同一と思って良いでしょう。
物語としても、直接的な繋がりはないものの、時間軸としては、その後と言う設定になっているようです。
今回は玩具会社が舞台となっていて、期待の新入社員として、課の壁を越えて各部署に参加出来るプロジェクト推進部に所属した主人公が、仕事を成功させながら同社の女性社員との恋愛を育むといったもの。
当時はPSで恋人と一夜を共にするといった描写がされるという事で、話題になった作品でもあります。
無論、内容的にはSS版も同じなのですが、SS版の方が、やや深い描写が為されていたと聞いています。
もっとも私がプレイしたのはPS版だけなので、実際にどれ程の描写だったのかは不明。
因みにテキストによる描写だけで、CG等での描写はありませんのであしからず。( ^ ^ ;
ただ、一緒に朝を迎えたり、といったCGとかはありました。
社会人の恋愛を描いての事なので自然と言えますが、家庭用ソフトでの挑戦は画期的といえるかもしれません。
年齢指定も無かったタイトルだけに、かなり冒険した作品と思えます。
しかしながら、ゲームとしては面白みは弱く、途中から同じ作業の繰り返し感が漂うのは惜しいというほかありません。
ゲーム性の核となるシミュレーション部分を、もう少し練りこんでほしかったというのが本音でしょうか。
やはり、繰り返しプレイするには、チョット苦しい内容です。
0462.jpg

※別HNでのレビューを流用して記載しています。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://show1968.blog6.fc2.com/tb.php/225-155b3950

ゆうわくオフィス恋愛課

タカラから発売のPS用SLG「ゆうわくオフィス恋愛課」のOPアニメーションです。ゆうわくオフィス恋愛課 OP|無料動画、動画配信、フラッシュ動画ストリーミングはムービーキャスターへ世界観や人物関係とい 電子遊戯雑記II【2006/06/28 18:49】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。