電子遊戯雑記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

岡部麻紀

Author:岡部麻紀


好きなゲーム
バイオハザード・シリーズ
サイレントヒル・シリーズ
零・シリーズ
D.O.A.シリーズ
サクラ大戦・シリーズ他・多数



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリー



最新の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク



過去ログ



ブログ検索



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リフレイン・ラブ2
0451.jpg

リバーヒルソフトから発売されたPS用の恋愛ゲームで、同名タイトルの新作として発売されたタイトルです。
実のところ、1作目はプレイしていません。
1作目は漫画家のこばやしひよこ氏がキャラクター・デザインを担当していて、当初は何となく注目してたのですが、今ひとつ発表されたキャラクターに魅力を感じられず、手を出さなかったというのが本音です。
登場するキャラクター達の関係は最初から作り上げられていて、基本的には彼等の恋愛模様を客観的に観るアドベンチャー・ゲームといった印象だったからというのが大きかったかもしれません。
主人公以外は、カップリングが成立する人間関係の設定というのも抵抗がありました。
実際の内容についてはプレイしていないので分かりませんが、それ程的外れな推測ではないと思っています。
本作は「2」となっていますが、物語としての繋がりはなく、世界観だけは同一という設定になっています。
本編に前作のキャラクターがゲスト出演しており、特定のヒロインとの物語では大きく関わりを持つようになっています。
また、前作では脇役にすぎなかったヒロインが、本作では恋愛対象のヒロインになっている等、1作目とのリンクがファンには嬉しい要素かもしれません。
本作は主人公がプレイヤーの分身という設定なので、ハッキリとした設定が為されていません。
この辺は従来の恋愛ゲームにおける主人公像と同じで、その他のキャラクター達との関係も白紙状態からスタートするので感情移入し易いと感じました。
その他のキャラクター達とも、お互いが、それぞれ人物関係の設定はあるものの、ある程度白紙に近い状態でスタートしているので、固定されたカップリングとかも無いのも、ある意味成功していたように感じます。
前作は物語重視の1本道に近いアドベンチャー・ゲームでしたが、本作はプレイヤーの選択によって物語が紡ぎられるスタイルなので、その点も繰り返しプレイするには良かったと思います。
恋愛ゲームとしてはあまり知名度がない作品ですが、恋愛系ゲームとしては、結構大人向けの内容で面白かったです。
恋愛対象ヒロインは全部で13人で、プレイの仕方によって個々のキャラクターのエンディングが変化する仕組みになっており、もっとも親交のあったヒロイン以外のキャラクター達のエンディングも用意されていたのは新鮮です。(勿論、男性キャラクターも含みます。)
尚、現在はPCにも移植されて発売されています。
0452.jpg


リフレイン・ラブ2公式HP
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://show1968.blog6.fc2.com/tb.php/219-7762423e

リフレイン・ラブ2

リバーヒル・ソフトから発売のPS用恋愛ADVゲーム「リフレイン・ラブ2」のOPアニメーションです。リフレイン・ラブ2 OP|無料動画、動画配信、フラッシュ動画ストリー 電子遊戯雑記II【2006/05/11 00:09】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。