電子遊戯雑記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

岡部麻紀

Author:岡部麻紀


好きなゲーム
バイオハザード・シリーズ
サイレントヒル・シリーズ
零・シリーズ
D.O.A.シリーズ
サクラ大戦・シリーズ他・多数



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリー



最新の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク



過去ログ



ブログ検索



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ソナタ
T&Eソフト(現:Dワンダーランド)から、PS用ゲームとして発売されたタイトルです。
3つのパラレル世界を行き来して、その世界ごとの問題を解決していく恋愛RPG。
本作は他のゲームに較べると、新しい試みに多数挑戦している事に好感を持てる作品でした。
プレイヤーと同じ現実世界に近未来のサイバーネット世界、そして剣と魔法の世界で構成されており、最初にプレイする世界も起動時にランダムで決定される仕組みになっていました。
その為プレイヤーによってプレイする世界の順番は異なる事となります。
また各世界に共通のヒロインが存在しますが、各世界によって役割が違っており、年齢等も異なっているといのが少し変わった特徴と感じました。
つまり、同じ容姿で「あおい」という名のヒロインが3人いるという事です。
基本人格は共通なれど、性格や趣味は違っています。
またヒロインとの恋愛が進むと、アナログコントローラーの振動機能が働いて振動し、ヒロインの心のドキドキが指で感じ取れるというのが新鮮。
これが実に見事に表現されていました。
他にも市販されているトレカを購入するとパスワードが印刷されたものがあり、それを各世界のアイテムショップにて入力すると、特別アイテムが入手出来るといった要素がありました。
もっとも、このトレカを扱っているお店が少なかったという事もあって、この機能が活かされていたかは少々疑問ですが、試みとしては面白かったと感じます。
更にグラフィックを全て埋め尽くすと、T&E往年の名作「ハイドライドスペシャル」もプレイ出来るようになっていました。
もっとも、私にとってT&Eソフトのタイトルは本作が初体験なので、「ハイドライドスペシャル」というゲームが、どのような作品なのかは知らないんですけどね。( ^ ^ ;
肝心のRPG部分に関しては、及第点といった印象で、正直、特別面白いとは感じません。
1回のプレイには満足出来うる作品と思いますが、登場する全てのヒロインとのエンディングを楽しむべく、繰り返しプレイするには、いささか辛い印象が残りました。
0444.jpg

※別HNでのレビューを一部流用して記載しています。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://show1968.blog6.fc2.com/tb.php/212-ef70962a



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。