電子遊戯雑記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

岡部麻紀

Author:岡部麻紀


好きなゲーム
バイオハザード・シリーズ
サイレントヒル・シリーズ
零・シリーズ
D.O.A.シリーズ
サクラ大戦・シリーズ他・多数



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリー



最新の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク



過去ログ



ブログ検索



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Dの食卓2
0422.jpg

色々な面で話題を振りまいていたゲーム・クリエイター・飯野賢治氏が率いるゲームメーカー、ワープ作品の初体験ソフトです。
というか、今のところ、これ1本だけだったりします。( ^ ^ ;
嘗ては、ゲームショー等で色々コメントしている飯野氏でしたが、プレイしてみた感想としては普通だなぁという印象。
少なくとも飯野氏本人が言う程、凄いゲームとは感じられなかったというのが本音です。
むしろ、移動に少し難があったり、いらない描写が多かったりと不満点も多かったです。
ですが、ゲームとしての面白さは十分あるとも感じました。
ゲームのジャンルとしては、「バイオハザード」と同じと考えて良いでしょう。
移動のスタイルもバイオと同じですし、ゲームの進め方にしても同様です。
異なる点は、戦闘に入ると主観視点のガン・シューティング形式になるところでしょうか。
この辺りは、後にカプコンがガンサバイバー4で、このスタイルを採用しています。
ドリームキャストのソフトとしては、当初から名前の挙がっていたタイトルで、あのビックヒット作品となった同名タイトルの名を冠していた事もあり、大いに期待されていたタイトルでしたが、完成されたゲームは、その期待に押し潰されてしまった印象。
私自身も本作をプレイして思ったのは、前評判程の面白さではなかったかな?という感じです。
繰り返し楽しむ為の要素も少なく、あっても、これといって面白いと感じるモノでなかったのも辛かったですね。
1番気になったのは、ラストの後に流れるゲームとは無関係の映像が延々と流される事でしょうか。
多分、何かしら監督の訴えかけを示したかったのでしょうが、それが逆効果となっている印象を受けました。
結局、あの映像で何を言いたかったのか、何を示したかったのかは、未だに不明です。
ちなみに本作は「2」となっていますが、主人公がローラという以外は、前作との繋がりは全くありません。
また、元々本作は「M2」という幻の次世代ゲーム機用に開発されていましたが、結局M2の発売は見送られ、本作も1度お蔵入りとなっています。
それ後、DCでの発売となったのですが、当初の本作と発売された本作は全くの別作品となっています。
0423.jpg


※このレビュー記事は、別HNで運営のサイトで公開しているレビュー記事を流用しています。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://show1968.blog6.fc2.com/tb.php/197-9c58646a

Dの食卓2

ワープから発売のDC用ガン・シューティングADVゲーム「Dの食卓2」のプロモーション・ムービーです。Dの食卓2 トレーラー |無料動画、動画配信、フラッシュ動画ストリー 電子遊戯雑記II【2006/04/09 00:47】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。