電子遊戯雑記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

岡部麻紀

Author:岡部麻紀


好きなゲーム
バイオハザード・シリーズ
サイレントヒル・シリーズ
零・シリーズ
D.O.A.シリーズ
サクラ大戦・シリーズ他・多数



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリー



最新の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク



過去ログ



ブログ検索



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドラゴンクエスト8 その1
「ドラゴンクエスト」は日本を代表するRPGであり、誰もが知っているであろうタイトルだと思います。
その知名度は「ファイナルファンタジー」と双璧を成しています。
そんな有名なタイトルでありながら、実のところ私は、この「8」が初体験だったりします。
そればかりか、「ファイナルファンタジー」も「10」と、外伝としての「クリスタル・クロニクル」しかプレイしていません。
何故か、この両タイトルは、それまでプレイしようと思った事が無かったのです。
この「8」にしても、周囲の盛り上がりは気にならず、特に購入しようとは思っていませんでした。
その為、公式サイトもチェックしませんでしたし、ゲーム専門の情報提供サイトでも、「ドラゴンクエスト8」のニュースは、ほぼスルー状態でした。
そんな私が、この作品を購入するに至ったのは、正に偶然。
いわば、衝動買いみたいなものです。
パソコンやゲームの量販店として有名なソフマップにて、ゲーム・コーナーに行った際、大きなテレビ・モニターに映し出されていたのが、この「8」のプロモーション・ムービー。
そのモニターの前には、沢山の「ドラゴン・クエスト8」のパッケージが並べられ、大々的に販売展開していました。
さすがにビッグタイトルの発売ですから、お店の力の入れようも半端ではありません。
さして興味を抱いていなかった私ですが、せっかくなのでプロモーション・ムービーを眺めていました。
その内、何となく興味を抱き始め、内容的に面白そうと感じるように。
結局、その日は購入せずに帰宅したのですが、やっぱりチョット気になっていました。
同僚の中でも、普段はゲームをしない人も「ドラクエ8」の話はしており、面白いね、といった会話があったりしました。
それでも普通なら特に気にはしないはずなのですが、プロモーション・ムービーを観て、感心を抱いていただけに、今回は心動かされたのかもしれません。
そうして遂に、近所にある、普段いつも利用しているゲーム店に行き、新品で購入してしまいました。
因みに「ファイナルファンタジー10」は中古で購入なので、これは本当に珍しい事だったと思っています。
0376.jpg

ドラゴンクエスト・シリーズといえば、やはり漫画家の鳥山 明氏のキャラクターをイメージすると思いますが、本作ではアニメ・キャラクターをそのまま3D化したレンタリングになっている為、基のキャラクター・イラストを忠実に再現していました。
私としては、これがすんなり入っていける1つの要素になっていた事は間違いありません。
ゲームをスタートさせると、プロローグ的にイベントが始まり、チュートリアル的な戦闘が始まって、すんなりゲーム世界に入り込める導入も良かったです。
「ドラゴンクエスト」というのは、かなり古くからの作品なので、正直、戦闘等のコマンド選択とか難しいのではないかと誤解していましたが、システム的にはむしろ優しい印象で、「ファイナルファンタジー10」のような、複雑さは無かったのも好印象を抱きました。
キャラクター的にも魅力一杯で、特にヒロインのゼシカと主人公がとても気に入りました。
物語の都合上、ゼシカと主人公のカップリングは望めないのですが、私的には主人公とゼシカのカップリングが良いと思っています。(笑
因みに、ゼシカは特定の装備をすると見た目が変化するようになっています。
個人的には、踊り子の衣装がお気に入りで、セクシーさと可愛らしさが同居したデザインで良いなぁと思っています。
あと、男性諸氏の期待のシーンも多く、バストの揺れや、チラリズムといったものも用意されていました。
今回、特別にそんなシーンを連続写真でアップします。(笑
0377.jpg

決して大きく主張せず、さり気なく用意されているので、その点、「DEMENTO」に比べると、抵抗感は無かったですね。
まぁ、「ドラクエ8」なので、明るい感じになっているお陰でもあるんでしょうけど。( ^ ^ ;

ドラゴンクエスト公式サイト
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://show1968.blog6.fc2.com/tb.php/176-3db03033

ドラゴンクエスト8

ドラゴンクエスト8ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君(ドラゴンクエストエイト そらとうみとだいちとのろわれしひめぎみ)は、2004年11月27日午前7時にスクウェア・エニックスより発売されたプレイステーション2用ゲームソフト。開発は株 りこの記録【2007/07/11 08:53】

ドラゴンクエストVIII~空と海と大地と呪われし姫君~

スクェアエニックスから発売のPS2用RPG「ドラゴンクエストVIII~空と海と大地と呪われし姫君~」のプロモーション・ムービーです。ドラゴンクエストVIII~空と海 電子遊戯雑記II【2006/06/08 23:18】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。