電子遊戯雑記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

岡部麻紀

Author:岡部麻紀


好きなゲーム
バイオハザード・シリーズ
サイレントヒル・シリーズ
零・シリーズ
D.O.A.シリーズ
サクラ大戦・シリーズ他・多数



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリー



最新の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク



過去ログ



ブログ検索



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バークレイ計画
「シェンムー」が最初に企画、開発されたのは、実はDCではなくSSでした。
その開発時の映像が、「Ⅱ」のオマケとして観賞する事が出来ますが、それを観ると、かなりの部分まで作られていたのが判明します。
SS時の開発映像には、「Ⅱ」のラストでようやく登場するシェンファとの出逢いのシーンが収録されていたのです。
SSのグラフィック能力を考慮すると、かなり高い水準で開発されていたのが窺えますが、やはりスペック的に出来る事は限られ、CD-ROMというメディアを考えても、容量的に10枚組とかになってしまいそうな印象でした。
そこへ高いスペックとCD-ROMよりも高い大容量を誇る独自メディアGD-ROMの登場により、「シェンムー」の開発はDCへ移行。
その内容的な大作感から、DCのキラー・タイトルとして、全面的にアピールする事になったのだろうと予測します。
「シェンムー」は全16章で構成される、アドベンチャー・ゲームと発表されてました。
正式なジャンル名はアドベンチャー・ゲームではなく「フリー」ですけど、受け止め方としては「アドベンチャー・ゲーム」として問題ないと感じます。
因みに「フリー」は「Full Reactive Eyes Entertainment」の頭文字を取った略称。
しかし、この全16章という壮大な物語、果たして完結してくれるの?という素朴な疑問を持ったものです。
実際問題として、この疑問と不安は現実のものと化し、今尚「Ⅱ」で止まったまま。
結局、ストーリーとしてのメイン・ヒロインであるシェンファの活躍は、最後の方でやっと出たに留まってしまい、あまり印象に残っていない程です。
「シェンムー」が最初に発表された時は、「プロジェクト・バークレイ」とされていて、1998年10月に正式に発表。
それから発売に至るには4度の発売延期となり、最終的な発売日の告知は2000年春となった程。
この4度の発売延期には、さすがに大きな議論を呼んだものです。
但し、実際に発売されたのは1999年12月で、3ヶ月近く早めての発売には、私自身ちょっと驚きを感じました。
予約はしていなかったものの、発売日に購入したのを覚えています。
いわゆる限定版ではありませんでしたが、個人的にはゲーム内容そのものを楽しみにしていたので、限定版についていた特典には興味がなかったのが本音です。
特典は音楽CDだったのですが、1番聴きたいメイン・テーマ等の、主要な音楽が収録されていないというのも、その理由の1つではありました。
0346.jpg

本編のストーリーは、武道家である父親を、謎の中国人、及び黒社会の組織に殺された主人公が、父親の仇討ちと死の真相を探るべく奔走するシナリオで、その奔走に中で知り合う人々との交流、及び協力や戦いによって、新たな舞台となる香港へ旅立つまでが描かれています。
この本編中心に進めてしまうと、当初は序章に過ぎなかった内容だけに、結構すぐに終わりを迎えてしまい、「もうお終い?」と不満を感じてしまう事でしょう。
ただ、先日にも記したように、数多く用意されたサブ・シナリオを発生させながら進めると、かなりのボリュームを実感出来ます。
それを体感したか否かで、評価はかなり変わってくるでしょう。
この物語の主人公・涼君は、武道家の父親に育てられた事もあり、かなり礼儀正しく、また格闘も滅法強いです。
その辺にいる、世間一般的に「不良」と呼ばれる方々からも一目を置かれ、喧嘩を仕掛けられても無敵状態です。
特に喧嘩を積極的に仕掛けるような事はしませんが、自分に逆らう人には容赦しないようで(苦笑)、質問に対して素直に白状しない場合、腕ずくで訊き出します。
これは「Ⅱ」でも観られ、明らかに本職と思われるキャラが尋問しても口を開かなかった相手が、「俺がやる」といって涼君が交代、締め上げて自白させるイベントがあった程。( ^ ^ ;
友情にも厚く、本作のテーマである「愛すべき友を持て」というのを実証する場面が多数登場。
こういった描写には、思わず熱くさせられますね。
そんな友情には厚い涼君ですが、どうも恋愛ごとは苦手なようで、明らかに好意を寄せているヒロイン・望には、どこか距離を置いている印象です。
勿論、涼君も全く気付いていない訳ではなく、まだ自分は、その想いに応えられないといった心境みたいで、決して望の事が嫌いという事ではないし、友達としてしか観れない、という事でもないようです。
少なくとも、涼君も望については意識はしている印象で、クリスマス後の公園でのイベントは、結構好きなシーンですね。
公式設定によると、小さい頃に、女の子の事でからかわれたのがキッカケで、異性との交流は苦手意識を抱いてしまっているのだそうです。
0347.jpg

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://show1968.blog6.fc2.com/tb.php/159-8cd8962b

シェンムー~第1章 横須賀~

セガから発売のDC用アクションADVゲーム「シェンムー~第1章 横須賀~」のプロモーション・ムービーです。シェンムー~第1章 横須賀~ |無料動画、動画配信、フラッシュ動 電子遊戯雑記II【2006/06/02 00:44】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。