電子遊戯雑記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

岡部麻紀

Author:岡部麻紀


好きなゲーム
バイオハザード・シリーズ
サイレントヒル・シリーズ
零・シリーズ
D.O.A.シリーズ
サクラ大戦・シリーズ他・多数



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリー



最新の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク



過去ログ



ブログ検索



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


意外なる魅力
70億円という開発費が話題を振りまき、全く新しい試み満載の本作は、DCユーザーにとって、大きな期待を寄せさせるには十分のタイトルだったと思います。
また、キラー・タイトルとしてDC発売当初から目玉作品として扱われ、そのハードの特性を活かしたグラフィックの美しさを全面的に広告展開していただけに、その方面でも大きな期待が寄せられていたものです。
当初の「シェンムー」キャラクターのポリゴン表示は、本当に驚異的と感じさせ、DC発表当初に公開されていたモデリングは、今でも十分PS2に対抗出来得るとさえ感じさせます。
私自身、このハイエンド・モデリングで、全てのキャラクターが登場するのかと思うと、DCの性能の高さに感嘆していた事でしょう。
ところが、実際に発売された「シェンムー」で登場したキャラクター・モデリングは、これらハイエンド・モデリングにはなっていませんでした。
キャラクターの総登場数を考えれば、1人辺りのグラフィック・データに使える容量は限られていますから、ある意味当然だったとも思えます。
しかし、最初に広告展開されていたのは、これらハイエンド・モデリングでのキャラクター達が活躍するゲームとされていたので、その点での落差、落胆は否めません。
また、最初のシェンムー第1作は、香港編までとなっていた為、結局「1」では未登場のキャラクターが多数出来てしまったのも辛いところでしょうか。
特に、シリーズを通してのヒロインとなるはずのシェンファは、結局本編には登場せず、申し訳程度にイメージ演出で出演するのみ。
これでは、せっかくオーディションで選ばれたアクターさんもガッカリですし、彼女の活躍をゲームのヒロイン共々期待していた人は残念に感じたと思います。
但し、この1作の予定だったものを序章の部分だけで、1本のゲームソフトとして発売する決定により生まれたのが、原崎 望というヒロインで、この望役に選ばれたのが、現在グラビア・タレントとして活躍中の安めぐみ氏。
今現在の安めぐみ氏とは、随分と印象が異なる印象を与えるかもしれませんが、安氏のデビュー作としては、注目に値するヒロインと言えそうです。
演技自体はお世辞にも上手とは言えませんが、初々しさを感じさせる、その抑えられた演技が、かえって原崎 望というヒロインのキャラ設計にはピッタリだったような気がしました。
0345.jpg

シェンムーは3Dのポリゴンで描写された街中を、8頭身のポリゴン・キャラが移動し、大勢のキャラクターに話しかけて情報やイベントを発生させてフラグを立て、物語を進行させていくADVゲームです。
ジャンル名は一応「フリー」となっていますが、一般的にはADVゲームと捉えて問題ないでしょう。
ただ、純粋なADVゲームとして遊ぶと、思っていた以上に内容が薄く感じられてしまうと思います。
軸となる物語を追う形でゲームを進めてしまうと、とても70億円かけて作られたゲームとは感じられません。
ソフトの価格自体も高く感じてしまう事でしょう。
実のところ、私も最初はあまりにも内容が薄く感じられ、正直「つまらない」ゲームと感じましたし、買って損をしたとさえ感じたのが本音です。
しかし、本ゲームの魅力は、本筋を中心に進める事ではなく、寄り道をする事で楽しめるゲームだったのです。
この事に気付けずに終わったなら、このゲームは正しく駄作扱いされた事でしょう。
また、例え、それに気付いたとしても、人を選ぶであろうタイトルである事も確かです。
最初は私も、色々ゲーム中で出来る事を試してみたりしたものですが、それも本当に最初だけで、何かを持てたり、電気をつけたり、電話をかけられたり、という行為も、すぐに新鮮さは薄れてしまい、何をすれば良いのか分からないという場面もあったりしました。
ところが攻略本とかで得た情報を基に、用意された全てのサブ・イベントを体験しながら、メイン・ストーリーを追っていくと、何と内容の濃い作品になるのだろうと驚きます。
本筋メインで進めてしまうと、主役の涼とヒロインの望の関係すら希薄に感じられ、ある日突然告白され、ある日突然良い雰囲気になるといった感じとなり、唐突感を覚えたものです。
また、周囲の友人関係等の相関図も、正直希薄なのですが、これらの希薄さも、用意されたサブ・イベント、サブ・ストーリーを絡めて進めていくと、断然違って来ます。
これらの用意されたサブ・ストーリーを発生させながら進めていって、最初のプレイでいかに見過ごした物語が多かったのかを実感。
この寄り道進行プレイによって、私自身のシェンムー評価は一新され、好きなゲームの1つとなりました。
登場するキャラクター達も、とても立っていたのも魅力の1つです。
0344.jpg

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://show1968.blog6.fc2.com/tb.php/158-f77565b0

シェンムー~第1章 横須賀~

セガから発売のDC用アクションADVゲーム「シェンムー~第1章 横須賀~」のプロモーション・ムービーです。シェンムー~第1章 横須賀~ |無料動画、動画配信、フラッシュ動 電子遊戯雑記II【2006/06/02 00:44】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。