電子遊戯雑記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

岡部麻紀

Author:岡部麻紀


好きなゲーム
バイオハザード・シリーズ
サイレントヒル・シリーズ
零・シリーズ
D.O.A.シリーズ
サクラ大戦・シリーズ他・多数



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリー



最新の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク



過去ログ



ブログ検索



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


DCのキラータイトル
PSとのゲーム機シェア争いは、PS陣営に軍配が上がったものの、セールス的には大成功と言って良かったSS。
実際、ファミコン全盛時に投入されたメガドライブ等の家庭用ゲーム機投入では、思ったようにはセールスが伸びず、PCエンジンの次の存在としての位置でしかありませんでした。
私が得た知識では、SS以前のセガ・ハードは、どちらかというとマニア向け、コアなマニアにのみ注目されていた印象で、決して営業的に成功していたとは思えません。
そんな、これまでのセールス業績を考慮すると、SSの販売台数やソフトの数等、大成功といって良い業績です。
PSとのシェア争いには敗れたものの、会社の業績としては大成功だったのです。
それでも、SSが登場して約5年が経過しようとする時には、必然的に次世代機の話題が出て来るもの。
PSとの次世代機戦争でも、先行発売したセガは、今回もPS2の噂が流れている時に、次世代機の発売を表明し、そのキラー・タイトルとして「バーチャファイター」でその名を轟かせた鈴木 裕氏が、同ハードのキラー・タイトルとして「シェンムー」を発表します。
発表当初に掲げられたコピーは「全く新しいRPG」というモノ。
このタイトルにかけるセガの本気度は、半端なものではありませんでした。
この「シェンムー」開発に注ぎ込まれた開発費は、総額70億円と伝えられています。
1ゲームソフトの開発費としては、とんでもない額と言えるでしょう。
映画撮影でも、こんな巨費を投じて撮影されるという事は、邦画ではまず有り得ないと感じます。
それだけセガは、この作品に期待を寄せていたのでしょう。
実際に発売された「シェンムー」は、最初の予定よりも大幅にボリュームアップしていた為、1パッケージでの発売を断念し、物語の序章部分と、本編スタートの1話とを分けて発売する事を決定。
その為、急遽シナリオ追加と共に再編集をし、新たに序章編用のメイン・ヒロインも生み出される事に。
0342.jpg

「シェンムー」のジャンル名は「フリー」とされました。
これは、本作の為に構築し、作り出された独特のシステム故と思います。
当初の宣伝コピーでは「新しいRPG」「RPGが変わる」といった内容でアピール。
これは基本的にRPGによくある、村人に話を聞いて情報を集める行為を模倣していたからと思います。
また、物語中、格闘を余儀なくされる場面がありますが、この格闘において、事前に特定の場所で格闘ゲームにおける「技」の練習を繰り返しているとレベルアップするという仕組み。
この技をレベルアップしておくと、物語中に挿入される戦闘(格闘戦)において、1つ1つの威力が増しているので有利になるという仕組みで、この辺がRPGにおける、経験値で主人公の強さを育成といった部分に置き換えられるとの判断からだったと思われます。
しかし、実際にプレイした限りでは、とてもRPGという感覚は得られないでしょう。
普通に、アクションADVゲームといった印象で、情報集めも、いわばADVゲームにおけるフラグ立てであり、格闘技のレベルアップも、実際にはあまり意味を成していません。
格闘ゲームが苦手な人には、技の練習をしたとしても強くなったかという感覚は不明のままです。
少なくとも格闘ゲームが下手な私には、あまり実感がありませんでした。
ただ、この「フリー」という意味は、よく分かる気がします。
少なくとも、ここまで色んな事が出来たADVゲームは無かったでしょう。
家の中にある様々なモノを持ったり、家の電気のつけたり消したりや、コンビにでの買い物も多種多様。
ガチャガチャを買ったり、自販機で飲み物を買って飲んだり、ゲーム・センターに行けば、そこに設置してある当時(1980年代)のアーケード・ゲームを遊べたり、御店で買った音楽カセットをラジカセで聴けたりもしました。
その他にも、全てのキャラクターに話しかけると、ちゃんと音声付で返答してくれるのも凄かったです。
通行人とかにも生活サイクルが設定され、そのスケジュールに沿って1日の行動を取っていたり、通行人以外のキャラクターには、それなりにイベントが用意され、それに対応した台詞が用意されていたのも驚きでした。
このシステム作りには、相当な時間と労力が要求され、それが結果的に70億円もの開発費投資になってしまったのだそうです。
しかし、ここまで開発費がかさめば、当然失敗は許されないのが普通です。
また、莫大な投資をしてしまっている以上、後戻り出来なかったという背景もあったと推測されます。そして、遂に発売となった「シェンムー・第一章 横須賀」ですが、ココで厳しい現実が待ち受ける事に。
それは、例え出荷した全てのソフトが正規(メーカー希望価格)の価格で完売したとしても、大赤字になる事は決定事項となっていた事でした。
0343.jpg

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://show1968.blog6.fc2.com/tb.php/157-a8607227

シェンムー~第1章 横須賀~

セガから発売のDC用アクションADVゲーム「シェンムー~第1章 横須賀~」のプロモーション・ムービーです。シェンムー~第1章 横須賀~ |無料動画、動画配信、フラッシュ動 電子遊戯雑記II【2006/06/02 00:43】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。