電子遊戯雑記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

岡部麻紀

Author:岡部麻紀


好きなゲーム
バイオハザード・シリーズ
サイレントヒル・シリーズ
零・シリーズ
D.O.A.シリーズ
サクラ大戦・シリーズ他・多数



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリー



最新の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク



過去ログ



ブログ検索



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さらば愛しき人よ
難易度が従来のシリーズに比べて上がった印象のある「5」ですが、良い面で上がった部分も多々あります。
まずPS2というハードになったお陰で、街中での移動パートにおけるキャラクター表示は、「3」の時の二頭身から八頭身になっています。
ポリゴンでの表示というより、ドラクエ8で採用されたアニメ・セル調のモデリングになっており、セルによる立ち絵との差異を薄くしている印象です。
通常は新次郎1人での移動となり、条件によっては街中でヒロインがそれぞれ特徴あるポーズで立っていて、そのキャラに話しかけるとイベントが発生する仕組みです。
また、場合によっては一緒に行動する事が可能となり、新次郎と一緒にヒロインも移動していく姿が観れます。
それと今回から登場した新たな楽しみとして、キャメラ・トロンというアイテムを使った写真撮影があります。
キャメラ・トロンは、その名から連想出来る通り、今で言うインスタント・カメラ。
これを使って、条件を整えればヒロインを撮影出来ますし、このアイテムを活用してのサブ・イベントやクエストが存在。
時には、メイン・ストーリーでも重要な役どころを演じます。
クリア後のオマケ要素のコーナーでは、いつでもヒロイン達の写真を撮る事も出来るようになっていて、ファンとしてはチョットした楽しい要素と言えるでしょう。
この辺は、DCでいうビジュアル・メモリを使った遊びの代替といった感じですが、コチラの方が面白みが高く、物語にも上手く活用されていたと思っています。
その他の要素としては、SSやDC時代にもあったデータ継続互換が挙げられるでしょうか。
「熱き血潮に」や「3」「5-0」のクリア・データがあると、それと連動して回想イベントや専用のブロマイド購入といった特典が隠されています。
0338.jpg

「5」を本当に意味で楽しめるのは、初回プレイより2週目からという印象があります。
本作では主人公の新次郎にレベルの概念が存在し、各ステージをクリアした際の戦績で各種能力値が変化、レベル・アップするようになっていました。
ステージ、各エピソードを勧めていく内に、新次郎はレベル・アップするのですが、それに合わせて敵も強くなっていくので、あまり強くなっていると感じられません。
実際問題、初回プレイでの戦闘パートは、かなり辛いプレイを余儀なくされ、特に終盤は怒涛の戦闘、戦闘の繰り返し。
これには正直、苦痛すら感じます。
しかし、何とかエンディングを迎えてクリア・データをセーブする段階になって、新次郎機の能力値継承するか否かを選択可能となります。
ここで継承させると、そのクリア・データで2週目をスタートさせると、最終的な能力値を受け継いだまま初戦からスタート出来る事に。
これによって、初回プレイでの苦戦振りが嘘のように楽と感じられます。
また、2週目からの特典も多く、特にラチェットとの物語を紡げる事が可能となるのは大きいですね。最初のプレイでは、紐育で最初に出会うキャラクターは、帝撃月組隊長の加山ですが、2週目ではラチェットと遭遇します。
しかもイベント画付での登場で、何とも嬉しい驚き。
その他にも1週目では無かった展開がラチェット関係には多く、終盤でのラチェット復活劇は、かなり燃える展開と言えます。
個人的には、この2週目でのラチェットとのストーリーがお気に入りで、このプレイによってラチェットがとても好きになりました。
何だかとても可愛らしいお姉さんといった印象で、よくよく考えるとシリーズを通して、年上ヒロインとのエンディングは本作が初めてと気付きました。
一応、サジータも同じ21歳なので、新次郎としては2人の年上ヒロインと結ばれるチャンスがあるという事に。(笑
0336.jpg

今回の敵は織田信長となっています。
公式サイトでも既に紹介済みなので、ネタバレではありますが問題なしとして記します。
何人かの人は、今回の敵が織田信長という点に疑問を感じたようです。
確かに舞台は紐育ですし、巴里ではその土地に関わる敵が登場してましたから、これはもっともな疑問、感想と受け止められます。
私自身も、ちょっと違和感は感じました。
ただ、織田信長は自身で第六天魔王を名乗った事は有名(事実はともかく)ですし、それに関連しての霊的事件が発生というのは納得が出来ます。
一応、広井プロデューサーのコメントでは、史実に載っている人物の子孫の事も考慮して、という理由を述べてますが、これは正直、後付という気がしないでもありません。
別に史実に残っている人物を敵にする必要はなく、「3」でも架空の敵使っていたのですから説得力に欠けます。
個人的には、「サクラ大戦」というタイトルに関連付ける上で、どうしても織田信長にする必要があったのではないかと思えてなりません。
その理由は、本作の結末を観ると分かりますが、あの光景を違和感無く演出するには、日本の織田信長である必要があったのではないか?
少なくとも私は、勝手にそう推察しています。
確かにOPでさくらが登場し、大神も登場しているので、「繋ぎ」は出来ているものの、それで「サクラ大戦」というタイトルの意味を持たせるのは弱いと感じられました。
しかし結末でのあの光景を観ると、「4」の結末で米田が呟いた台詞と見事に被り、タイトルへの関連が大きくなったと思っています。
一部、副題から誰かしら死んでしまう展開があるのでは?との心配もありましたが、それだけは大丈夫と声を大にして伝えたいと思います。
不満点も多かった本作ですが、新章「サクラ大戦」としては、十分満足のいく内容でした。
0337.jpg

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://show1968.blog6.fc2.com/tb.php/155-1b37643c

サクラ大戦5~さらば愛しき人よ~

PS2より発売された、シリーズ最新作「さらば愛しき人よ」のOPアニメーションです。サクラ大戦5~さらば愛しき人よ~OP|無料動画、動画配信、フラッシュ動画ストリーミン 電子遊戯雑記II【2006/02/25 00:03】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。