電子遊戯雑記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

岡部麻紀

Author:岡部麻紀


好きなゲーム
バイオハザード・シリーズ
サイレントヒル・シリーズ
零・シリーズ
D.O.A.シリーズ
サクラ大戦・シリーズ他・多数



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリー



最新の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク



過去ログ



ブログ検索



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


難易度のアップ
最新作「5」は、登場する紐育華撃団星組が活躍するという事で、七夕の7月7日に合わせて発売される事になりました。
丁度、7日がゲームソフトの統一発売曜日だったのも、これに合わせた一因だろうと思います。
華撃団の迎撃部隊の名称は、今まで花組でしたが、今回は星組です。
星組というと、帝撃花組の前身に当たりますが、今回の星組という名称はアメリカ合衆国の華撃団という事が、大きく関係している気がします。
アメリカ合衆国と言えば星条旗であり、United States of Americaという名前からも、星はアメリカを象徴している印象があります。
そこで花組ではなく、星組としたのでしょう。
彼女達が搭乗する霊子甲冑も光武ではなく、スターと命名している点にこだわりを感じます。
また今回の司令官は、今までの司令官と異なり、30代とかなり若い男性が勤めています。
その為、今までの司令官像とは大きく異なっている印象がありますが、この辺も若い国であるアメリカをイメージさせているのかもしれません。
0332.jpg

今回の「5」にも御馴染みのリップスが、アドベンチャー・パートで取り入れられていますが、今回は更に新しいタイプも追加されています。
「熱き血潮に」で登場したコマンド入力リップスの発展型といった印象で、次々に表示されるコマンドを入力して成功させるものなのですが、そこにアナログ・スティックでの入力も追加。
勿論、前作でもアナログスティックによる上下左右の入力はありましたが、これは通常の方向キーでも代用出来たもの。
しかし今回のは、アナログ・スティックでなければ入力不可の操作を要求しています。
特に、右回転や左回転、半回転といった入力や、上下左右を頻繁に連続入力といった事は、通常の方向キーでは無理です。
特に回転入力は、通常の方向キーでは出来ません。
この回転入力が意外と難しく、慣れないと成功させるのが難しいと感じました。
また、普通のコマンド入力でも、前作と比べると条件的に厳しいものも取り入れられており、難易度は上がっている印象がありました。
少しボタン入力の反応が悪くなっているコントローラーでは、成功し難くなっている感じを受けるかもしれません。
戦闘パートでも馴染みのアームズが採用され、基本的な操作は踏襲されています。
しかし、今回のスターという機種は、陸空両用となっていて、戦況に応じて空中戦を繰り広げる事になります。
この時も個々の戦闘コマンドに変化はありませんが、攻撃における演出は変化。
必殺技にしても陸戦用、空中戦用とに用意されていたのは良かったです。
気になったのは、空中戦の場合、仲間or相手との距離感が今ひとつ把握し難かった事でしょうか。
それと戦闘できつかったのが、その難易度です。
明らかに、今までのシリーズに比べて高く設定されていました。
主人公が初指揮を執る事になる第一戦から、いきなり苦戦を余儀なくされます。
その理由は、敵の数が多い事で、敵の数が多いという事は、そのまま敵の攻撃シーンが多い事を示します。
味方機の攻撃回数よりも、敵の攻撃回数の方が圧倒的に多く、それなりに、この手のゲームが得意な人でないと撤退者を必ず出してしまうのでは?と感じた程でした。
実のところ、私も初回プレイでは何度も撤退者を序盤戦から出してしまい、毎回の戦闘パートは苦戦続きな為、勝っても爽快感が薄かったのを覚えています。
「サクラ大戦」の良いところの1つとして、ライト・ユーザーでも、少し考えてプレイすれば苦戦(撤退者を出さずに)させられる事無く、敵を倒し、勝利を得られる事だったと思っています。
それによる勝利の爽快感が、1つの醍醐味だったと感じていただけに、今回の戦闘パートの難易度設定は疑問でした。
実際、多くのファンからも難しいという声が多く見られます。
多分、これまでのサクラ大戦の戦闘パートは楽だとか、易し過ぎるといったSLG上級者の声を反映した為だと思いますが、これはチョット上げすぎてると感じてます。
少なくとも第1話から苦戦を余儀なくする難易度バランスは、ちょっと考えものだった気がしないでもありません。
0333.jpg

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://show1968.blog6.fc2.com/tb.php/153-1f9c5c78

サクラ大戦5~さらば愛しき人よ~

PS2より発売された、シリーズ最新作「さらば愛しき人よ」のOPアニメーションです。サクラ大戦5~さらば愛しき人よ~OP|無料動画、動画配信、フラッシュ動画ストリーミン 電子遊戯雑記II【2006/02/25 00:03】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。