電子遊戯雑記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

岡部麻紀

Author:岡部麻紀


好きなゲーム
バイオハザード・シリーズ
サイレントヒル・シリーズ
零・シリーズ
D.O.A.シリーズ
サクラ大戦・シリーズ他・多数



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリー



最新の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク



過去ログ



ブログ検索



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


音楽面での栄冠
0315.jpg

「サクラ大戦4」は完結編らしい演出が、OPから成されていました。
以前、「4」はテレビ・シリーズの最終回を劇場版として作ったような印象と語りましたが、それがOPの導入部における演出にも表れている気がします。
3Dポリゴンで描かれた舞台を使い、花組の光武による任務状況を華麗に行っている様子が流れ、馴染みのある勇壮な音楽と共に、制作スタッフのクレジットが挿入、最後は締めにタイトルが表示される仕組みで、その映像はきちんとプロローグにもなっているという演出です。
また、従来のOPムービーも勿論存在し、今まではず~っと花組の女性隊員達により歌い上げられていましたが、本作では遂に大神隊長・自らが歌う「激!帝国華撃団」に。
しかも、大神隊長オンリーで歌い上げられたのは、恐らく初めてではないでしょうか。
もっとも私は、サクラ関係のCDで持っているのは「1」と「2」の歌謡曲集と「2」のBGM集位。
その他のアルバムやシングルは持っていないので、断言は出来ませんが・・・・。( ^ ^ ;
0316.jpg

今回は短期間での開発という事もあり、従来の作品の「お決まり」を幾つか省かれる結果となっています。
その1つが「次回予告」でしょうか。
劇場版と考えれば「次回予告」が無いのも当たり前と考えられるので、無かったのは残念に感じたものの納得も出来る決断です。
各キャラクターにあったミニ・ゲームも、今回は用意されていません。
その代わりのテーブル・ゲーム「麻雀」が用意されていました。
各ヒロインをあしらったデザインの牌を使い、関連する同一の種類の牌を集めての勝ち負けゲームで、私は麻雀を全然知らないのですが、このゲームは、そんな麻雀を知らないプレイーヤーにも楽しめるよう、かなり簡単なルール作りが成されていました。
個人的には「花札」「トランプ」と来たテーブル・ゲームとしては、今回のが1番面白く感じた程で、完成度は高いのではないかと思っています。
各キャラ毎のミニ・ゲームは無かったものの、それを補って余りあるミニ・ゲームでした。
無くなったものもありますが、継続され続けたものもあります。
それがクリア・データの互換です。
回想という形で前作のシーンが挿入されたりしましたし、クリア後のオマケ要素を楽しむ部屋、「帝劇の長い1日」も収録されています。
ビジュアル・メモリを使った遊びも用意され、通信等が入った際は「3」同様の演出が施されました。
0317.jpg

音楽面で高い人気と評価を得ている「サクラ大戦」シリーズですが、そんな本シリーズに、ゲーム業界としては快挙と呼ぶべき栄冠が輝きました。
それが、「第17回日本ゴールドディスク大賞」受賞という栄冠です。
日本ゴールドディスク大賞は、原則として指定した期間中に発売されたタイトルで、邦楽で100万枚以上を売り上げた全ての作品、および該当作品がない場合は最も売り上げ数字が高い作品が受賞作となります。
本作の音楽アルバム「サクラ大戦4~恋せよ乙女~全曲集 檄! 帝~最終章」が最も売り上げ数字が高い作品として、同大賞の「アニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤー」で受賞。
まだゲーム専門の分野が無かったとはいえ、並み居る人気アニメのアルバム、及び人気ゲーム・アルバムを抜いての栄冠は賞賛に値します。
ゲーム業界では初の快挙なんじゃないでしょうか。
大人気ゲーム「FF」シリーズの音楽アルバムであっても、この栄冠を得たというのは聞いた(観た)事がありません。
授賞式の模様はテレビ中継もされ、その舞台で花組メンバーがキャラクターそのままの衣装で登場し、「激!帝国華撃団」を熱唱。
その後も受賞を受けてのコメント等を発表し、総合プロデューサーの広井氏や音楽の生みの親・田中氏とオーバー・ワークスの大場氏、セガの香山氏も2階の関係者席で同席し、その模様を見守っていました。
完結作にして、「サクラ」はまた、新たな栄冠をゲーム業界の外からも得るに至った瞬間です。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://show1968.blog6.fc2.com/tb.php/146-2682a25c

サクラ大戦4~恋せよ、乙女~

DCにて発売された、シリーズ4作目「恋せよ、乙女」のOPアニメーションです。サクラ大戦4~恋せよ乙女~OP|無料動画、動画配信、フラッシュ動画ストリーミングはムービー 電子遊戯雑記II【2006/02/24 11:37】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。