電子遊戯雑記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

岡部麻紀

Author:岡部麻紀


好きなゲーム
バイオハザード・シリーズ
サイレントヒル・シリーズ
零・シリーズ
D.O.A.シリーズ
サクラ大戦・シリーズ他・多数



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリー



最新の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク



過去ログ



ブログ検索



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


物語から去りし者
サクラ大戦の完結編として発売された「4」ですが、現在は最新作の「5」が発売され、その前にも「5」以前の「5-0」なるものが発売されたり、「サクラ大戦物語・ミステリアス巴里」というアドベンチャー・ゲームが発売されたりと、一体どこが完結編?といった印象を持つ人も少なからずいると思います。
実際、ゲーム誌とかでも「完結編」として発表していましたから、そう思うのは当然かもしれません。
私自身も「4」で完結なんだと思っていました。
では、何故それ以降も「サクラ」タイトルは発売されたかというと、この完結編は「1」から続く「大神隊長」が主役の物語の完結という位置づけなのだそうです。
正直、このコメント発表を聞いた時は、かなり苦しい言い訳に感じました。
確かに「5」や「5-0」「ミステリアス巴里」において、大神は主役を務めていません。
しかし、世間一般の捉え方からすれば、サクラ大戦の完結編と発表されたからには、当然シリーズ最終作と考えてしまいます。
この理由は、明らかに後から作り出されたモノと思われて仕方ない印象です。
個人的には、多分、その通りだと思っています。
では、最新作がその後も作られていった事に、反対かと言われれば、そうとも言い切れません。
ファンが求めているものを提供するのは、作り手としては当然の結果と考えます。
ただ、それだけに、今後誤解を生むような発言、発表は控えるべきと思っています。
0314.jpg

本作は大神隊長を主役とした「サクラ大戦」としての最終回という位置づけですが、それは同時に司令官である米田長官の最終話でした。
というより、多くのファンが米田長官の物語だったと感じる人が多かったみたいです。
私自身もプレイしてみての感想は、米田長官の最終回という印象を抱いてます。
米田から大神へ、降魔部隊から帝国華撃団へと世代交代を終えた作品。
そんな想いが、ラスト・シーンから感じられる演出が成されてたと思います。
最後の最後で米田が呟く台詞は、何処となく寂しげで、それでいて達成感に満足している。
そんな雰囲気が漂い、とても気持ちの良い終幕をしている気がします。
また、本作は最終話であるのと同時に、とあるキャラクターの引退タイトルとなりました。
それが「1」から連続出演を果たしていた神崎すみれ。
すみれ役の富沢氏が、本作を以って「サクラ大戦」を降板したいと表明し、それに合わせ、シナリオも修正、すみれ自身も帝国華撃団を引退する、というストーリーに。
キャラクターの「声」を大切に考える広井プロデューサーの意向で、すみれの声は富沢氏以外になく、他の人に代えたらファンのイメージを壊してしまう、という理由からのシナリオ変更になったのです。
脚本を担当していたあかほり氏には大変な労力になったでしょうが、あかほり氏も納得の上での変更を頑張ってなされたそうで、その辺のこだわりは、さすがプロという感じです。
0313.jpg

基本的には満足のいくタイトルでしたが、残念な面もやっぱりありました。
まず、ソフトの価格設定です。
ボリューム的に従来のタイトルの半分程だったにも関わらず、価格設定は「3」と大して変わりませんでした。
この点は多くのユーザーが不満に感じてたようで、私自身も正直不満に思ったものです。
客観的に観れば、他のゲーム・タイトルのボリュームと比較するなら、値段はそんなに高くは感じませんし、十分なボリュームだつたろうと思います。
しかしユーザーからすれば「3」と変わらない価格なら、それと比較してしまうもの。
「4」のパッケージは、そんなボリューム不足を補う為か、「3」のダウンロード・ドラマ全てを収録したサービス・ディスクがセットにされています。
ネット環境になっていなかったファンとしては嬉しい要素かもしれませんが、既にダウンロード・ドラマを体験しているファンとしては、あまり嬉しくないと感じます。
少なくとも、サービス・ディスクはいらないから、その分安くしてほしいと願った人もいたと思われます。
限定版としての特典によるものなら納得もするでしょうが、通常版で「4」と関係ないモノ(新作の体験版ディスクとかなら別ですが)をセットにされても・・・、という複雑な想いを抱く人も少なくなかったと感じます。
実のところ、私もこのドラマ・ディスクは不要と思ってました。
実際、未だに、1度もダウンロード・ドラマは体験してません。(苦笑
もう1つ残念に感じたのが、帝撃メンバーのキャラデザインが、今ひとつ違和感があった事でしょうか。
特にマリアは如実で、頬の辺りがふっくらしたデザインになり、ちょっとふくよかになっってしまった印象を抱きました。
個人的にマリアは好きなキャラだったのですが、どうにも、このふくよかになったマリアの顔は馴染めず、少なからず抵抗を感じました。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://show1968.blog6.fc2.com/tb.php/145-3f18186f

サクラ大戦4~恋せよ、乙女~

DCにて発売された、シリーズ4作目「恋せよ、乙女」のOPアニメーションです。サクラ大戦4~恋せよ乙女~OP|無料動画、動画配信、フラッシュ動画ストリーミングはムービー 電子遊戯雑記II【2006/02/24 11:37】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。