電子遊戯雑記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

岡部麻紀

Author:岡部麻紀


好きなゲーム
バイオハザード・シリーズ
サイレントヒル・シリーズ
零・シリーズ
D.O.A.シリーズ
サクラ大戦・シリーズ他・多数



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリー



最新の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク



過去ログ



ブログ検索



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


君、死にたもうことなかれ
0298.jpg

サクラ大戦2は、SSゲームとしては、かなりのボリュームでの提供となり、ディスク3枚組となっています。
前作の「1」もボリューム満点でしたが、それでも2枚組。
そう考えると、今回の続編は期待通りの大作となったと感じられます。
実は、このディスク交換には、ちょっとしたサービスがあり、ディスク毎にオープニング・アニメーションが異なる、というモノ。
これは前作でも行われていて、ディスク1は1番、ディスク2は2番の歌詞で歌い上げられています。無論、内容もそのディスクの内容に合わせて、部分的に変更がなされていました。
こういったさり気ないサービスも、サクラの魅力の1つであると感じます。
今回は3枚組という事で、当然3種類のバージョンが存在。
「2」では3番をさくらが歌い上げている関係で、ディスク1は3番の歌詞に。
そこでディスク2は2番の、ディスク3は1番の歌詞というように、逆さになって収められていました。
0299.jpg

今回のサクラ大戦には、サブ・タイトルとして「君、死にたもうことなかれ」という言葉が付けられています。
これは本作における重要なメッセージとなっている事がプレイして感じられますが、後のシリーズにおいても影響を与えている副題と感じます。
「1」では藤枝あやめという、帝国華撃団にとって、かけがえのない人物を失ってしまいました。
それによる、残された者の悲しみ、辛さといった面が、様々なキャラクターを通じて描かれていますし、以後の作品でも自己犠牲による美徳を否定するような展開が随所に描かれています。
その明確なる答えは次作である「3」で明示される事になり、最新作の「5」でも受け継がれていました。
シリーズを通してのテーマが、このサブ・タイトルには含まれているように感じられます。
0300.jpg

基本的には満足のいく内容の「2」ですが、不満点が全く無いかと問われれば、そうとも言い切れません。
まず第一に、ヒロインの数が増えてしまった事で、全てのエンディングを楽しむには、更なる回数を要求されてしまうという事です。
「1」でも全員のエンディングを観るのは、かなりの労力を必要としただけに、これはキツク感じました。
この繰り返しプレイを更に苦難なモノにしてしまっているのが、終盤での決戦編と呼ぶべき戦闘パートです。
とにかく長い。この言葉に尽きます。
この連続で行われる戦闘ステージのお陰で、2週目、3週目をしようという意欲が萎える人も多いのではないでしょうか。
シナリオ的には、この戦闘の連続である構成により、前作よりも凄まじい大戦になっていると感じさせる、盛り上げの効果を出しているのだと思いますが、それにも限度というものがあり、今回の戦闘パートの長さはマイナスと感じます。
正直、これだけは不満でした。
せめて2週目からは、任意に戦闘パートの省略が出来るステージがあっても良かったように感じられます。
SSからDCへの移植が行われた際でも、この辺の改善が得られなかったのは残念でした。

因みに、帝国歌劇団から華撃団になる際、隊員達は私服から戦闘服へとチェンジするのですが、以後の作品で登場する巴里&紐育華撃団は自らの手で衣服を脱ぎ、戦闘服へと着替えるのに対し、帝撃の着替えシーンは最先端なのでしょうか?
何と自動で着替えています。
ダストシュートに飛び込むと、そのままシューターを滑り降り、その途中で機械によって着衣の着替えが行われる様子がアニメーションで描かれていました。
華撃団の兵器類でも、地下と空での移動を可能にする機種があったり、空中戦艦なんて、とんでもない巨大戦艦があったりと、さすがに凄い内容。
ところで、この自動着替えマシン、何と私服から戦闘服に着替えさせる過程で、隊員を一糸纏わない姿へと変えています。
つまり、裸の状態にしてから戦闘服へ着替えさせている様子が描かれているのですが、女子ばかりの隊員達は、これに何の抵抗も感じなかったんでしょうか。( ^ ^ ;
それと、更に気になるのは、男性である大神隊長も、ヤッパリ裸にさせられてから戦闘服に着替えさせられたのでしょうか?(苦笑
今回、この記事を書くに至って、初めて気付いた気になる点でした。(笑
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
★グラン・マの「作戦のために死ね」(だったかな?)という命令に対して

この場面は「3」の中でも、かなり好きな場面ですね。
欲を言えば、声優さん(隊長の)の演技による音声付で「出来ません」という場面を観たかったです。

★漫画版の2巻では隊長も全裸になってますよ

全然、知りませんでした。
単行本、持ってないんですよね。( ^ ^ ;
マガジンZ自体も立ち読みで、サクラに関しては最初の頃しか読んでないので、もぎりをしている姿しか観てないです。
やはり、例外なく隊長も裸にされてたんですね。(苦笑
【2005/07/26 21:41】 URL | 岡部麻紀 #r6uSoc5A [ 編集]

>自己犠牲による美徳を否定するような展開
 グラン・マの「作戦のために死ね」(だったかな?)という命令に対して、「できません」という大神隊長の言葉なんかグッときますね。

>任意に戦闘パートの省略が出来る…
 それで3では2週目からは雑魚戦やサリュの台詞が省略できたんでしょうか。

>男性である大神隊長も、ヤッパリ裸にさせられてから戦闘服に…
 漫画版の2巻では隊長も全裸になってますよ。
【2005/07/26 13:18】 URL | リチャード #ClH8hgRs [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://show1968.blog6.fc2.com/tb.php/138-1b7e9f03

サクラ大戦2~君、死にたもうことなかれ~

SSにて発売された「サクラ大戦」の続編、「君、死にたもうことなかれ~」のOPアニメーションです。サクラ大戦2~君、死にたもうことなかれ~OP|無料動画、動画配信、フラ 電子遊戯雑記II【2006/02/23 12:14】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。