電子遊戯雑記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

岡部麻紀

Author:岡部麻紀


好きなゲーム
バイオハザード・シリーズ
サイレントヒル・シリーズ
零・シリーズ
D.O.A.シリーズ
サクラ大戦・シリーズ他・多数



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリー



最新の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク



過去ログ



ブログ検索



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


歌劇の華撃団
SSのキラー・タイトルとなるべく、「サクラ大戦」は企画・進行されました。
その名も「プロジェクトS」。
そして、本作では通常とは異なる展開で、販売戦略が進行しました。
「サクラ大戦」の最初のデビューは、基となるゲームではなく、主題歌と登場するキャラクターを対象としたイメージ・ソングだったのです。
シナリオも完成してない状態での録音に、任された声優陣も最初は戸惑ったそうです。
それもそのはずで、メイン・ヒロインの「さくら」ですら、どういったキャラクターなのか分からない状態で、イメージ・ソングを歌い上げねばならない・・・。
このようなケースは、これまでには無く、普通は原作となるゲーム、アニメが発売、放映、公開されてから、音楽集といったCDが発売するのが常識だったからです。
しかし、総合プロデューサーの広井氏は、まずキャラクターのイメージを歌い上げる音楽を最初に求めました。
これは受けて側である消費者にとっても、全く前例のないプロモーションで、どういったキャラなのか分からないまま、それらの歌を聴く事となったのです。
普通に考えると、これは失敗すると思われた事でしょう。
実際、現在においても、このようなケースでのプロモーション展開を行う事は少なく、成功する確率が低い事を裏付けている印象です。
でも、この「サクラ大戦」は大成功を収める事となりました。
その理由の1つは、間違いなくキャラのデザインをした藤島康介氏の力が大きかったと思います。
このようなケースの場合、まず重要になるのは見た目の第一印象。
「サクラ大戦」のキャラクターは、「あぁっ女神さま」で絶大な人気を誇る藤島キャラだっただけに、注目度が高かったと予想します。
2つ目は、キャラの声を担当する声優陣の人気の高さが挙げられると思っています。
当時、若手の声優としては人気抜群であった横山智佐氏を筆頭に、高野麗氏、折笠愛氏、田中真弓、富沢美智恵氏、西原久美子氏、淵崎ゆり子氏といった、負けず劣らずの人気・声優がズラリ勢揃い。
当時の音楽業界では、下手な新人歌手のアルバムを出すより、声優のアルバムを出す方が確実に売れるというデータがあった程で、売れないはずは無かったとも言えます。
また、歌そのものも、単なる添え物としてのイメージ・ソングになっていなかったのも、大成功となった要因でしょう。
「サクラ大戦」に使用される曲は、全て「歌謡曲」をイメージして作られたと言います。
これは広井氏のたっての希望で、「歌謡曲の復活」という意図が隠されていたようです。
0284.jpg

このソング集発売の効果は抜群で、音楽からキャラクターのイメージを膨らませるのに一役を買った形となりました。
そして、それは何も消費者である私達だけではなく、開発を行うスタッフにも多大なる効果をもたらしたのです。
ゲーム開発は、沢山の人達によって達成されます。
それは映画やアニメ、テレビや舞台、スポーツ等、様々な場所でも同じですが、全くの「0」から作り上げる形となった「サクラ」開発チームにとって、個々のキャラクターのイメージは漠然としており、なかなか掴み難いと考えられます。
そんな時、個々のキャラクターをイメージした曲の存在は、思っていた以上に大きな味方となったようです。
音楽や歌というのは、曲調や歌詞によって、各々が自然と頭の中でイメージを作り上げさせる不思議な力があると思います。
例えば、スター・ウォーズの音楽を聴いたら、誰もが「スター・ウォーズ」だと分かりますし、その音楽が流れていた場面を想像出来たりします。
テレビ番組等でも、特徴あるOP音楽を用いていたら、やっぱり、その音楽が流れるとすぐに分かるモノ。
「世界ふしぎ発見!」や「水戸黄門」の音楽なんて、曲が流れたらすぐに分かる事でしょう。
イメージを膨らませ易い、固めやすい、手助けとなる力が、音楽にはあると感じます。
そういう意味で、「サクラ大戦」は劇中と同じく「帝国歌劇団」として活躍したと思えてなりません。
勿論、彼女達の本職は、あくまで帝都を魔の脅威から防衛する「帝国華撃団」なのですが。
0285.jpg

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://show1968.blog6.fc2.com/tb.php/131-b38382bc

サクラ大戦

セガとレッドカンパニー(当時)がタッグを組んで誕生した看板タイトル、「サクラ大戦」の記念すべき第1作目のOPアニメーションです。サクラ大戦OPアニメーション|無料動 電子遊戯雑記II【2006/02/23 12:09】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。