電子遊戯雑記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

岡部麻紀

Author:岡部麻紀


好きなゲーム
バイオハザード・シリーズ
サイレントヒル・シリーズ
零・シリーズ
D.O.A.シリーズ
サクラ大戦・シリーズ他・多数



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリー



最新の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク



過去ログ



ブログ検索



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オンライン化
0267.jpg

X-BOX専用タイトルと化した感のある「D.O.A.」シリーズ。
時代の流れとX-BOXというハードの最大特性であるネット環境を有効活用すべく登場したのが、オンライン対応となったタイトルでした。
このオンライン化の思想は、以前から持ち合わせていたそうですが、PS2や初の本格的なオンライン対応ハード・DCでは、3Dの格闘ゲームによるオンライン対戦は難しい(厳しい)との見解で断念していたとの事。
しかしながらX-BOXというハードの性能が、遂に3D格闘ゲームのオンライン対戦を可能にしたと言えます。
オンライン・ゲームにおいて最大の杞憂は、「ラグ」だと思います。
ラグというのは、簡単に言うと一時的に画面が固まってしまう、停止、静止してしまう現象です。
これらの原因はクライアントのサーバー側の問題もありますが、プレイヤー側のマシンスペック&通信環境に拠るところも大きいとされます。
通常のオンライン・ゲームの場合、通信環境と推奨スペックを満たしているタイトルを遊ぶ事になりますから、基本的にはサーバー側の問題と捉えて良いと思いますが、それは、その対象スペックのマシンに合わせているからとも言えます。
例えば「FF11」の場合、PS2用のソフトですから、当然PS2のスペックに合わせて作るのが当たり前。
PS2のスペックでは処理しきれないソフトを作っては、PS2用のオンラインゲームとして提供する事は出来ないでしょう。
「FF11」の場合、MMORPGというジャンルである為、多少のラグはあったとしても問題は少ないですが、格闘ゲームの場合はそうはいきません。
ちょっとしたラグが勝敗を分けてしまう訳ですから、ラグは発生させない環境が必須となってきます。その為、これまでオンライン対応の格闘ゲームといえば、2D処理の格闘ゲームばかりでした。
代表的なものは「ストリートファイター・シリーズ」や「キング・オブ・ファイター・シリーズ」といったモノでしょう。
どちらも人気タイトルですが、共通しているのは、ドット絵で描かれた2Dである事です。
1キャラに対してのデータ送信も少なく、背景も基本的に固定である為、対戦アクションの通信処理に大部分を割ける為、ほとんどラグの問題は無いと思います。
しかし3Dのポリゴン・キャラとなると、そうはいきません。
1体辺りのポリゴン数も相当ですし、キャラの動きに合わせて背景を移動させる為、その送信データ量は2D格闘ゲームの比ではないと予測出来ます。
しかし、その処理の負担を解決出来たのが、X-BOXというハードでした。
PS2ではオフラインであった「K.O.F」初の3D化タイトルが、X-BOXにてオンライン対応で発売したのも、そういった環境の違いがあったからでしょう。
プロデューサーの板垣氏の狙いとしては、オンライン上でのゲームセンターを構築したいとの事で、対戦だけでなく、観戦も出来る仕組みを完成させたのも興味深かったです。
こうして発売されたのが「1」と「2」の2本組みソフト「D.O.A.アルティメット」。
因みに、最初の発表タイトルは、ストレートに「~オンライン」となっていました。
0268.jpg

「~オンライン」から「アルティメット」にタイトルは変わったものの、内容そのものは大きく変更される事はありませんでした。
勿論、ファンがもっとも楽しみにしている隠しコスチュームの数は半端でなく、「3」での少なさが際立つ程の種類にのぼります。
その数は従来のシリーズでもっとも多かった「~2ハード・コア」をも圧倒。
女性キャラだけで100種類を越えるというのは、凄いとしか言いようがありません。
また、隠しコスチュームの入手条件も、前作にあたる「3」と比べてかなり優しくなり、基本的にはクリアをしていく度に1着ずつ解放されていく仕組み。
お陰さまで、格闘ゲームが苦手というか、得意でない私でも、ある程度のコスチュームを獲得出来て嬉しかったです。
尚、「1」の方はSS版の純粋な移植で終わっている為、本作のメインは間違いなく「2」のリメイク版。「~アルティメット」というタイトルは、この「2」のリメイク作を指しているといって良いと思っています。グラフィックも、「1」は表示が綺麗になっているだけなのに対し、「2」は完全にパワーアップさせているのが分かります。
隠しコスチュームに関しても、追加されているのは「2」のみ。
ほとんど「オマケ」といった印象の「1」ですが、この「1」もちゃんとオンラインに対応、プレイする事が出来ます。
あと、ファンが要望していた「3」のヒロイン、ヒトミの参戦が決まったのも嬉しいサービスでした。
さすがに物語としては矛盾が出来てしまう為、アーケード(ストーリー)モードでの操作は出来ませんが、普通の対戦モードでは操作、及び対戦が可能で、更にコスチュームの数も14種類と、かなり豊富に用意されていました。
0269.jpg

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://show1968.blog6.fc2.com/tb.php/124-5cbe26af

D.O.A.Ultimate.

テクモから発売のオンライン対応・XBOXソフト「DEAD OR ALIVE Ultimate」のOPムービーです。D.O.A.U. OP|無料動画、動画配信、フラッシュ動 電子遊戯雑記II【2006/03/05 00:03】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。