電子遊戯雑記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

岡部麻紀

Author:岡部麻紀


好きなゲーム
バイオハザード・シリーズ
サイレントヒル・シリーズ
零・シリーズ
D.O.A.シリーズ
サクラ大戦・シリーズ他・多数



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリー



最新の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク



過去ログ



ブログ検索



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


デッド・オア・アライブ3
0254.jpg

デッド・オア・アライブ・シリーズにおける物語の核は、エレナの父親がトップとして君臨していた組織「ドアテック」を抜きに語れません。
「1」ではあやねの実父ライドウが最終ステージのボスとして登場しましたが、何らかの被検体にされていたのか、超人化しています。
ドアテックにて行われた計画には、今のところ3種類が確認されていますが、このライドウはどの計画の検体とされたのかは不明。
「1」においての計画では「アルファ計画」が発覚していますが、この「アルファ計画」の前に実施されていたのが「イプシロン計画」。
この「イプシロン計画」の被検体は、かすみ&あやねの兄・疾風(アイン)がなりましたが失敗となっています。
また「1」時でのアルファ計画は、その被検体となる格闘家の選別の意味合いがあった印象で、この時点ではアルファ計画によって生み出された検体は出ていません。
イプシロンとアルファの中間的な実験体として、ライドウが選ばれたのかもしれませんが詳細は不明のままです。
「2」ではアルファ計画の成功体「アルファ」ことかすみ・クローンが登場。
イプシロンとしての検体であるアインこと疾風も登場しますが、かすみ・クローンの能力と比べるとどうだったのかは、今ひとつハッキリとしていません。
一応、イプシロン計画は失敗し、疾風は廃人と化してしまったとの設定がありましたが、「2」ではそんな素振りは全く無く、ただの記憶喪失に留まっています。
もっとも「1」でかすみが抜け忍になった理由は、兄・疾風の仇討ちだったのに「2」では行方不明の兄を探す為に抜け忍になったという設定に変わっているので、この時点で既に矛盾が出来てしまっていました。
因みに「2」の最終ボスは天狗で、ドアテックとは全く関係がない印象。
天狗の台詞では「2」における大会は、「我の戯言」と申しているのですが、客観的に観ると天狗の方がドアテックに利用されてただけなんじゃぁ・・・と思ってます。(苦笑
そして「3」にて登場したのが「オメガ計画」。
この計画の被検体は「幻羅」で、あやねの養父にして、夢幻天心流・裏の頭領。
いわゆる汚れ仕事を専門とした側の忍び集団ですが、人間的にはかなり出来た人物だったようで、「アルティメット」のOPムービーで描かれている彼の姿は、かなり優しい印象を与えます。
あやねも養父・幻羅に対しては、本当の父親と想っていた節があり、今回の幻羅・処殺の任は「誰にも譲れない」という意志が伝わります。
唯一、心から慕う疾風に対しても、幻羅・処殺に関しては譲れない事を伝え、力づくでも押し通している事からも、それが窺えます。
そして、その任務を全うした時の彼女の涙は、かなり印象に残るシーンで、間違いなく「3」の主役は「あやね」であった事を証明していると言えるでしょう。
0255.jpg

本編のかすみ&あやねの確執対戦におけるデモにおいて、2人の関係に少し変化が感じられます。殺したいとまで感じている姉・かすみを前にしても、今回のあやねはあまり執着を見せている印象が無かったからです。
無論、戦闘を繰り広げる事は繰り広げるのですが、今回の戦いの理由はあくまで養父を倒すのは自分だけ、という意志から来ている印象です。
あやねはかすみに、疾風に会いたいなら勝手に会えと言い切っており、阻止しようという意志は無いように思えます。
ただ、疾風に会うという事は、このまま勝ち進み、いずれはオメガと化した養父とも戦闘を行う可能性がある、倒せるとは思ってはいないものの、万が一にも・・・。
そう考えると、養父の命を絶つのは、養女である自分が果たす、それ以外の者には一切譲れない、という彼女の切なる願いが込められていて、かなり「あやね」いうヒロインを好きになった作品となりました。
0253.jpg

「3」はX-BOX本体と同時発売を目指していた為か、「1」のPS版や「2」の家庭用ゲーム版と比べると、かなりアッサリしている印象を受けます。
勿論、「2」の時にあった様々なモードは「3」でも実装されてはいるものの、その難易度の高さ、敷居の高さと相まって、私を含むライト・ユーザーにとっては、比較的早くに「飽き」が来てしまった気がしました。
本シリーズの最大の魅力は、やはりキャラクターであり、そして多彩に用意された隠しコスチュームではないかと考えています。
しかし、その最大の楽しみであるコスチュームの数は決して多くなく、本体発売に合わせる為に用意出来なかった感が漂っていたのは残念でなりません。
隠し衣装解放の条件がやたらと厳しかったのも、もしかしたら、その辺の事情があったから?なんて考えも浮かんでしまったりしてしまいました。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://show1968.blog6.fc2.com/tb.php/119-a821d01f

DEAD OR ALIVE 3

テクモから発売のXBOX用格闘ゲーム「DEAD OR ALIVE 3」のOPムービーです。D.O.A.3 OP|無料動画、動画配信、フラッシュ動画ストリーミングはムービー 電子遊戯雑記II【2006/03/04 00:15】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。