電子遊戯雑記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

岡部麻紀

Author:岡部麻紀


好きなゲーム
バイオハザード・シリーズ
サイレントヒル・シリーズ
零・シリーズ
D.O.A.シリーズ
サクラ大戦・シリーズ他・多数



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリー



最新の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク



過去ログ



ブログ検索



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「3」の主役は・・・
「1」の主役は「かすみ」で、「2」の主役は「ハヤブサ」でした。
もっとも「2」の主役が「ハヤブサ」である事を知ったのは、つい最近の事だったりします。
というのも、「2」の主役も「かすみ」と思っていたからです。
「2」の物語では、ラスボスの天狗退治が目的だったようなのですが、正直、天狗はほとんどシナリオ的には印象に残っていなかったからです。
ハヤブサは天狗退治に赴いたので、そういう意味では主役という事になるようなのですが。
「2」では、あやねが本格的にデビューし、かすみとの確執戦を展開したり、ドアテックが推し進めていた2つの計画が絡んで、かすみ対かすみクローンの展開や、イプシロン計画の被検体となった疾風と、かすみ&あやね姉妹の皮肉な再会、イプシロン計画の全容を知っていたエレナと疾風との邂逅や、母親を殺したという疑いを抱くあやねとのエレナの対決等、「2」の物語の中心は、どう観ても「かすみ」「あやね」「疾風」の兄妹と「エレナ」といった印象で、黒幕の天狗退治にやってきたハヤブサは、ほとんど蚊帳の外といった印象でした。
一応、かすみや疾風と対峙する場面はあったものの、かなり印象は薄いです。
そして「3」の主人公は、誰になったのかというと、かすみの妹「あやね」でした。
「3」発表時では、新ヒロインの1人、ヒトミがクローズアップされており、「3」を象徴するキャラクターとしてポスターや公式サイトのトップを飾る等、大活躍。
ところが、ゲームそのものをプレイしてみると、物語そのものの中心人物とはなっておらず、むしろ完全な脇役といった感じになっていたのです。
そして、物語そのものの進行は、明らかに「あやね」中心でした。
今回の物語におけるラスト・ボスは、あやねの育ての親であり、ドアテックの「オメガ計画」の被検体とされてしまったが故に、それを阻止すべく、あやねが自らの「養父」を倒さなければならないという悲劇のストーリーになっていたのです。
今回は、姉の「かすみ」もほとんど脇役といった印象で、疾風にしても同様、ハヤブサも正直、印象が薄かったです。
唯一、物語に大きく関わっていたであろうキャラがエレナで、その側近として新登場のヒロイン・クリスティが、実はドアテックの現ボスからの刺客だったという設定になっていました。
0250.jpg

本作では、前述したヒロイン2人に加え、男性キャラも1人、新規参入しています。
今まで登場していなかったのが不思議という感じの「酔拳」の使い手で、名をブラッド・ウォン。
因みにクリスティは蟷螂拳で、ヒトミは空手の使い手として登場。
とはいえ、新キャラの中ではブラッドが1番印象が薄く、私も正直、ほとんど使った事がありませんので、どういった物語だったのか覚えていません。
逆に2人のヒロインは、かなり印象に残っています。
クリスティの場合は、やはりドアテックからの、エレナに対しての刺客という側面があった為、シナリオ的にも印象が残るのも当然なのかもしれません。
ヒトミは格闘家としての「強さ」を追求する探求者といった感じで、同じく「強さ」を求めるジャン・リーとは気が合うというか、お互いを理解出来る者同士といつた関係になっているようです。
ただ、意外な形で疾風と交流があり、疾風が記憶喪失時に、ヒトミの父親の道場で知り合ったとされ、疾風が空手を操るもの、その影響といった形になっています。
個人的には、新規参入キャラの中では、このヒトミが1番のお気に入りになりました。
0249.jpg

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://show1968.blog6.fc2.com/tb.php/117-3152a09f

DEAD OR ALIVE 3

テクモから発売のXBOX用格闘ゲーム「DEAD OR ALIVE 3」のOPムービーです。D.O.A.3 OP|無料動画、動画配信、フラッシュ動画ストリーミングはムービー 電子遊戯雑記II【2006/03/04 00:15】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。