電子遊戯雑記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

岡部麻紀

Author:岡部麻紀


好きなゲーム
バイオハザード・シリーズ
サイレントヒル・シリーズ
零・シリーズ
D.O.A.シリーズ
サクラ大戦・シリーズ他・多数



カレンダー

06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリー



最新の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク



過去ログ



ブログ検索



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ローグギャラクシー その3
久し振りの更新となりますが、今回も「ローグギャラクシー」について記したいと思います。( ^ ^ ;
既に発売されてから半年以上も経っているので今更感もあるかもですが、個人的には気に入った作品なので。
本作で強く印象に残っているものとして、ゲーム中に流れる音楽があります。
あまり話題になる事はありませんが、とても気に入っています。
スタート画面で放置していると流れるOPムービーで使用されているメイン・テーマ曲は、特に気に入っているメロディです。
その他にも戦闘シーンで流れる曲やイベント・ムービーで流れる曲等、どれも個人的にヒットしている楽曲が多いですね。
金銭的に余裕があれば、BGM集のCDを買いたいと思う程です。
0547.jpg

本作を気に入った要因の1つとして、やはり物語の面白さがあります。
勿論、これは好みの問題なので、良くなかったという人もいると思いますし、中には「これは○○の作品の影響を受けている」「色んな作品のテイストを盛り込んである」といった意見もあるかと思います。それを良しとしない人にとっては、批判の対象になるのは仕方ない事と受け止めます。
ただ、個人的にはどんな作品でも、必ずどこかしら真似をしている作品は多いと思うので、要はそれらのモノを上手く構成し、1つの形に出来ていれば良いと考えています。
例えば「機動戦士ガンダム」にしても、映画「スターウォーズ」の影響を受けている事は、デザイン等を観ると如実に分かりますし、以前爆発的なヒットを飛ばした映画「マトリックス」にしても、多くの日本アニメ作品から影響を受けてる事は有名です。
「バイオハザード」にしても、基を突き詰めれば「アローン・イン・ザ・ダーク」がモデルになっている事は明らか。
それでも、1つの作品として成立していれば、似ている事はあまり関係してこなくなります。
「サイレントヒル」にしても、国内で観れば「バイオ」とソックリですからね。
さて、話を戻すと、物語が面白いと告げましたが、やはり不満点が全く無い訳でもありません。
部分的には描ききれていない面も、正直あったからです。
また、登場当初はそれなりに活躍するのかと思っていた提督と呼ばれるキャラは、結局、その登場した章のみの活躍で、物語の大筋には全く絡んで来なかったりと、少々期待はずれ的になってたのは残念。
ただ、ゲーム全体で観れば、大作としての壮大さはあって、終盤での盛り上がりも秀逸だと感じます。
冬休みの年末年始タイトルとしては、正にピッタリの大作RPGと言えるんじゃないでしょうか。
0548.jpg

この作品をプレイしていて、少し気になった点が幾つかあります。
1つは、音声出力のズレが生じる点です。
これは、私の所有している型番が古い為なのかもしれませんが、イベント・ムービー中、音声が止まり、映像だけが流れ、その後、後を追うように台詞が出力されるというズレです。
その為、音声が終わらない内にムービーが終了してしまったり、音声が重なって出力されたりという現象が起きてました。
時には、全く音声が流れないまま、ムービーが終了する事もあります。
この現象が特定のムービーのみなら、その部分だけに問題があったという事になりますが、プレイ時によってそういった現象が起きる場所が変化するので、特定の場所の問題ではなさそうです。
恐らく、データの読み込みにおいての問題で、このような現象が起きてしまうのだろうと思いますが、この点はシームレスを実現した弊害の1つなのかもしれません。
2つ目は2週目におけるスタート地点です。
クリア・データを使うと、ゲーム終盤からゲームを再スタート出来るシステムになっています。
これは「DQ8」で採用された2週目と同じシステムで、ラスボス戦前から、新たなダンジョンを楽しめるというモノ。
それ自体は悪くないのですが、私的には物語の最初からのプレイも可能にしてほしかったというのがあります。
コスチュームの引継ぎだけ行っての再スタートは、特定のコマンドを入力する事で可能ですが、レベル上げや武器等は、0からのスタートなので、繰り返しプレイするにはシンドイと感じます。
せめて、選択肢を用意して、プレーヤー側に選択させてくれると嬉しかったですね。
3つ目は、2週目でもED内容に変化が無かった事です。
本作の前にレベル5が開発した「DQ8」では、2週目で新たに追加されるシナリオがあり、それをクリアしてからEDまで進めると、内容が変化。
いわゆる「真のエンディング」が用意されていたので、本作でも同じようなシステムを採用していた事で、今回も追加されたシナリオをクリアする事で、EDに変化が発生するものと期待していました。
ところが、残念ながらED内容に変化はなく、ちょっと残念です。
とあるキャラの過去が判明するシナリオが追加されていただけに、EDの変化が生まれるのかな?と期待していたんですが・・・。
せめてラストで語られた「ラスト・ミッション」の詳細が観れると期待していただけに、残念でなりません。

ローグギャラクシー公式HP
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。