電子遊戯雑記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

岡部麻紀

Author:岡部麻紀


好きなゲーム
バイオハザード・シリーズ
サイレントヒル・シリーズ
零・シリーズ
D.O.A.シリーズ
サクラ大戦・シリーズ他・多数



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリー



最新の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク



過去ログ



ブログ検索



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


PS2版4の感想
PS2への移植という事で心配された部分の1つとして、ローディングの長さはどうか?というのがあったと思います。
これについては、正直驚く程に解決されていました。
少なくともPS2用として最初から開発されていた「アウトブレイク」で、何故出来なかったのかと問いたくなる程の短さです。
但し、それは通常のローディングにおける事に限られます。
上記で言うローディングは、画面下にローディング中を示す文字が表示がされている時の事。
このローディングにおいては、ほとんどストレスを感じる事は低いと思います。
「4」では戦闘中、頻繁にステータス画面を開いて、所持している武器の交換(持ち替え)を迫られると思いますが、この時における切り替え時のローディングが、異常に遅くなるケースを確認しています。私の所有している型番が初期型という事もあるでしょうが、最大1分近く画面が真っ黒な状態に陥る事があります。
思わずフリーズしてしまったのか?と錯覚してしまいそうな程、ステータス画面から、通常画面への切り替え時におけるフェード・インorフェード・アウトが発生しました。
そこまで長くなくとも、30秒以上待たされる事は、結構多く体験しています。
また、処理能力の問題でか、時々動きがスローというか、ギクシャクしたような動きになる事もありました。
0470.jpg

本作の売りは、GC版には無かった追加要素だと思います。
1つは、隠し衣装の追加でしょうか。
レオンはマフィア・スタイルで、アシュリーは鎧姿です。
この衣装の特徴、特典は、何といってもアシュリーの鎧姿でしょう。
この衣装時におけるアシュリーは、正しく無敵状態。
敵の攻撃は一切受け付けず、誘拐されそうになっても、その重さで敵は倒れ伏せてしまいます。
この追加衣装時のアクション、ポーズも用意されており、かなり凝っています。
但し、GC版からの移行によるモデリングではない為か、この衣装時におけるレオンの姿は、正直、GC版からの移行モデリングと比較すると、かなり辛い出来と感じました。
この辺はPS2版からの、0からの作成なので差が出てしまうのでしょう。
これは、アナザー・オーダー編の人間形態時のサドラーにおけるモデリングにも言える事ですね。
ムービー終了後に戦闘がスタートするのですが、その時のサドラーのグラフィックの違い(差)は如実でした。
0469.jpg

もう1つの売りは、何と言ってもエイダ視点で本編を楽しむ事が出来る、アナザー・オーダー・モードの存在。
私自身、これが目当てでPS2版を購入したようなものです。
ボリューム的には、オマケ・ゲームとしては十分すぎる内容で満足です。
では、気になるシナリオは?というと、正直微妙です。
辻褄あわせをするはずのシナリオでしたが、エイダの行動に矛盾があったり、いくらなんでも、それはおかしいでしょう?という場面もチラホラ。
最初のステージでは、レオンが戦闘を行っている場所で、エイダも戦闘を行うのですが、そんなに近くで戦闘を繰り広げていて、何故にレオンは気付けないのか疑問です。
最初はレオンが動き回っている光景を遠目に観る事が楽しいと感じましたが、さすがに違和感は拭えません。
その他にも敵の行動における矛盾というか、不自然さも気になるところです。
あまり具体的に挙げるとネタバレになってしまうので控えますが、せっかくそうしたのなら、その時にそうしておけば良いのに・・・と思うような行動を起こしています。
また、1番知りたかったであろう、ハニガンのメガネ関連は、一切描かれませんでした。
その点も、不満と感じてしまう部分ですね。
スポンサーサイト

「4」GC版とPS2版の操作比較
かなり遅ればせですが、明けましておめでとうございます。
2006年、最初の更新が12日というのも何ですが・・・。( ^ ^ ;
先月に更新したのが、12月22日なので、約半月振りとなります。
他にもプログやサイトの運営をしている為、さすがにコチラが疎かになりがちとなってしまいました。
毎日更新から随時にしたのも、その辺の関係があります。
あまりペース良く更新とは行きませんが、今年も観に来てくれる方に感謝し、続けて行きたいと思います。

さて、今回も前回に続き、「バイオハザード4」のPS2版とGC版の比較検証みたいなレビュー(?)を記したいと思います。
私自身がプレイして感じた事ですが、そんなに的外れにはなっていないと思っています。

前回はグラフィック関係を中心に記しましたが、次に気になる点はゲームとしての操作感や難易度といったところだと思います。

まず最初に比較すべきは、やはりコントローラーの違いによる操作感でしょうね。
元々「4」はGCコントローラーでの操作を前提に作られていましたから、GC版についてはそんなに不便とは感じません。
十字キー派の人ならば、尚の事でしょう。
初めてGC版のコントローラーを手にした場合、十字キーの大きさが、他機種のに比べて小さい為、窮屈と感じるかもしれません。
ところが、「リメイク」「0」と体験したユーザーなら、この小ささは苦になりません。
むしろ十字キーとしての性能の良さは、PS2コントローラーよりも高いと感じます。
この辺は、さすがは本家の底力でしょう。
PSコントローラーに慣れてしまっている人が初体験すると、逆に性能の良さに困惑してしまうかもしれませんが、このGCコントローラーの十字キーに慣れると、馴染んでいたはずのPSコントローラーの十字キーが不便と感じます。
指にかける力加減が、PSコントローラーの方が強く加えないといけません。
その為、微妙な照準調整の際、その不便さがハッキリと出ます。
また、本作ではアクション・コマンドが採用され、状況によってはランダム表示されています。
このボタン表示でも、GC版の方が認識し易いでしょう。
特に□+×ボタン表示は、GC版と違い、大きさが同じ上に、色の識別の□と×の線によるもののみな為、表示された際の認識速度がGC版よりコンマ何秒かおくれがちに。
□か×、どちらが表示されるかランダムの時、誤認する確率は高くなっていそうです。
0468.jpg

一方、GC版の方はA+Bボタンとなりますが、コチラは大きさが大小となっており、色も緑と赤となっている為、表示された際の瞬間的な認識速度は、確実に速いと思われ、誤認の確率も少なくなっています。
また、ボタン連打もA(□)ボタンになっていますが、GCコントローラーはほぼ中央で大きい為、とても連打はし易くなっています。
逆に、PSコントローラーは左に配置されており、連打しようとすると×ボタンにも触れてしまう状況な為、不向き。
指を置く位置も遠い為、連打する際の動きがGC版に比べて遅くなりがちになっていると感じます。
ナイフの使用も、Lボタン入力で一発構えが可能なのですが、PSコントローラーの場合、十字キー操作だと近すぎる為、素早い入力をするには少々窮屈と感じました。
本作でのナイフ攻撃は比較的重要な部分が多いので、この辺もGC版に比べると不便かもしれません。
0467.jpg

GC版からPS2版へと移植した際、グラフィックに関連する演出部分でも、若干の修正が見られます。
1つはアシュリー関係。
同行する際、アシュリーに指示を出して鉄箱に身を隠させたり、高い所から飛び降りる際のムービーは、GC版ではチョットしたチラリズムがありましたが、PS2版ではシッカリと修正が施されています。その為、スカートの布がチラリズムしないよう、織り込まれていました。
また敵の頭部から露出するプラーガという触手も、倒した際、すぐに破裂するようにGC版はなっていましたが、PS2版では倒れこんでから破裂するように修正されています。
これもユーザー層を意識しての修正のようで、子供向けと思われているGCよりも、PS2の方が子供向けとメーカー側は意識している事が窺える変更です。
しかし、この修正による弊害として、プラーガ露出状態の時の敵を倒せたかどうかの判断が遅くなるケースが。
その為、既に倒しきれていたにも関わらず、無駄弾を撃ち込んでしまう可能性が高くなっている印象です。

GC「4」とPS2「4」
12月1日に、PS2より発売された「バイオハザード4」ですが、GCの限界に挑戦して作られたと言うグラフィックを、どれだけ下位機種であるPS2で再現されているかが、1番の興味点と思っている人が大半だと思います。
そこで、画像を用いて、私なりに比較してみました。
パッと見は驚く程、劣化が抑えられている点に驚かされますが、比較してみると、移植スタッフの職人芸的な「誤魔化し」が随所に見つけられました。
但し、初めてプレイする人は、まず気付かないだろうという部分です。
例えば、回復アイテムのハーブですが、以下の画像をご覧になってみて下さい。
色違いではありますが、根本のグラフィックは共通です。
bio4b.jpg

GC版に比べると葉の枚数や大きさが、明らかに違っているのが分かると思います。
その他にも、GC版に比べて森林における木の数が、PS2版の方がハッキリと分かる程少なくなっていたり、遠景は完全にぼやけているのが分かります。
湖を移動する際も、PS2版は遠景のグラフィックが、移動と共に映し出されるようになっていました。
次にハッキリとした違いが分かるのが、暗さの演出です。
「4」は夜になると暗闇に紛れるように待ち構える敵の存在が難易度を上げる役割を担っていましたが、PS2版ではそれが大幅に減少しています。
まずは、リアルタイム・ポリゴン・ムービー時の画像を下に用意しました。
bio4c.jpg

GC版と比べて、明らかに明るくなっているのが分かります。
GC版は辛うじて赤く光る眼とシルエットが映し出されていますが、PS2版はコルミロスの姿が照明に照らされているかのようにハッキリとしています。
これはゲーム画面でも同様で、闇に紛れる敵をライフル・スコープで確認したのが、次の画像です。
分かりやすくする為、GC版は少しアップ気味にしました。
bio4e.jpg

松明の横に位置するガナードを観たところですが、PS2版はハッキリ映し出されているのに対し、GC版は辛うじて赤い眼とシルエットが確認出来るのみ。
松明が近くにない場合でも、PS2版は同じようにハッキリ視認出来るものの、GC版ではシルエットを判別するのも大変な位、視認し難くなっています。
これにより、GC版では敵の存在に気付かず、つい接近してしまい、突然の敵の存在に驚かされるケースがありますが、PS2版ではそういった事にはならないでしょう。
これだけでも、かなり難易度は下がったと言えます。
他にも参考までに、教会前で待ち伏せているコルミロスの、スコープによる画像を追加しておきます。
bio4d.jpg

GC版は、正しく暗闇に紛れていて、敵の存在に気付き難くなっているのが分かると思います。
GC版の場合、稲光がした際に、暗闇に潜む敵の存在が視認出来るといった形が執られていました。その他に、些細な変更点として、宝物等のアイテムの存在を、見落とし難くなっているのがPS2版の特徴です。
特に松明に隠されたアイテムは、GC版では「壊さないと」有無が分からないようになっていたものの、PS2版では、他のアイテム同様、キラキラと光っている為、松明に宝があるかどうかは容易になっていました。
しかも、GC版は2回攻撃を当てて壊さないと得られなかったのに対し、PS2版では1回で得られるように変更されていました。
bio4a.jpg

また、武器の1つであるマインスロアーの色が、GC版ではメタリック・グリーンだったのに対し、PS2版ではセミオート・ショットガンと同様のグレーに変えられていました。
恐らく、追加武器の「P.R.L.412」と形が似ており、色も近い為、混在しないようにとの配慮かもしれませんが、逆にセミオート・ショットガンとも形か似ており、色も同じになった為、かえってコチラの方が混在してしまいそうな印象です。
そして、グラフィック面での最大の違いは、イベント・ムービーでしょう。
GC版はコスチューム・チェンジをすると、イベント・ムービーも、その衣装に変化するのに対し、PS2版ではムービーに反映されません。
これは、GC版との比較による劣化がハッキリと分かってしまう為、PS2版ではイベント・ムービーをプリレンタリング・ムービー化して、プログラムに組み込んだからです。
つまりGC版でのリアルタイム・ポリゴン・ムービーを、1つの映像ファイルと化し、それをPS2版でイベントを起こす際に使用している為、GC版と異なり、PS2版では反映されない事になったのです。
これは、コマンド入力を求めるムービーにも採用され、その為にコマンドを入力後、一時的に画面が停止したり、コマ落としのような感じになってしまうようです。
一応、参考までにイベント・ムービーでの比較画像も下に用意しました。
bio4f.jpg

この方式をとったお陰で、随分、GC版との見劣り感は希薄になったと思われます。
尚、使用した画像は、テレビモニタで映し出されるよりも、画質は悪くなっていますがご容赦下さい。
高性能なキャプチャー機器でない為ですが、その代わり、キャプチャー条件は同じなのでGC版、PS2版と同じになっていますので、違いは明確となります。

新作「5」情報解禁
本日発売のファミ通、及びファミ通PS誌上にて、バイオ・ファンなら見逃せない新作の情報が、遂に公開されました。
昨夜には、既に公式サイトでも「5」の開発を行っている事を正式に発表していましたが、具体的な事については一切記されていませんでした。
そして、本日のファミ通誌上にて、プロデューサーの竹内氏に対してのインタビュー形式で、「5」についての詳細が、ほんの少しではあるものの明かされ、ゲーム画面の写真も公開。
そこに映し出された「5」の主人公は、最初「ガンサバ4」の主役・ブルース?かと思いましたが、その他の画面写真等を観ると、どことなくクリスに見える印象です。
特に、下に紹介するカットの右側の顔を観ると、GC版クリスの6年後と思えば、クリスと思える気がします。
無精髭を生やしたままである為、30代前半より老けて見えなくもありませんが、髭を剃ったならば精悍な顔つきに変身しそうな気配です。
0295.jpg

今回の新作は次世代機での発売が決定しており、PS3とX-BOX360にて提供される事が発表されています。
残念ながらレボリューションへの提供は見送られたようですが、どちらにしても当分先の話となりそうです。
というのも、プロデューサーの竹内氏自身、インタビューで、開発の長期化を示唆しているからです。
少なくとも次世代機が発売されて1年程度での発売には至らない印象があり、バイオ目当てでの次世代機・購入は焦らなくても良さそう。
因みに、今回の敵はまだハッキリとはしていませんが、ゾンビでない事は間違いなさそうです。
むしろ「4」に登場のガナードに近い存在の敵が示唆されました。
また、舞台は砂漠地帯といった乾燥した町並みといった印象で、竹内氏としては「暑さ」を表現したいとの事で、そこに漂う「空気」を作り出したいと意欲を示しています。
気になる主役については明言を避けられていたものの、どうやら私達の予想を裏切らない方向になっているようで、更に気になる情報として、クリスの妹・クレアや同僚のジルの再登場についても、期待して良いような発言が・・・。
海外では早々にファミ通に掲載されたのと同じスクリーンショットがネット上で公開され、その画面写真の基となったデモンストレーション映像も、一部のサイトでは公開されていました。
今回の画面写真、及び映像は、あくまで「5」の顔見せとしての役割が強い為、今後の開発展開では大きく変化する事は確実でしょうが、基本的な方向は変わらないのではないかと期待しています。
因みに、ゲーム・システムは「4」を継承するとも、現段階ではコメントされていました。
果たして発売はいつ頃になるかは分かりませんが、何とも嬉しい情報でした。
0294.jpg



ガンサバイバー4
「3」と「ベロニカ」のエンディングでは、さあ、これからアンブレラと本格的な闘いを仕掛けるぞ!といった形で幕を閉じていましたが、その期待した肝心の部分は「4」であっさりと省略されてしまいました。少なくとも「ガンサバイバ-4」の物語ではアンブレラは健在。
ラクーン・シティ崩壊後の物語になっているので、「バイオ4」よりは前の物語であると受け取れます。
T-ウイルスとG-ウイルスも関係しているようなので、ラクーン・シティ崩壊から数ヵ月は最低でも経っていると言えそうです。
その時代設定が「ベロニカ」より前なのか、それとも後なのか、或いは同時期なのかは、公式には発表されていません。
この作品でも、狂気を宿した悪役が登場しますが、またも性格的に少し特殊な人物となっています。最初こそ、美形の男性キャラでしたが、序盤で自らが作り出したウイルスを自身に投与、モンスター化しました。
このモンスターの姿が、ちょっと異色だったのです。
人の姿をある程度は留めているのですが、その容姿はまるで女性。
女性を象徴するかのように、胸も豊かになっており、声や喋り口調も女性になっています。
何故、女性のような姿のモンスターへと変貌したのかという説明は、ゲーム内では一切明かされていません。
攻略本を購入すれば、或いは載っているのかもしれませんが、現時点では「ガンサバ4」の攻略本は未購入なので不明。
ひょっとしたら、彼の内には女性への変身願望、或いは深層心理の奥では女性という人物だったのかもしれません。
でも、個人的に女性型のモンスターとしては、アレクシアよりもデザイン的に好きですね。
0175.jpg

また、ゲームを進めていくと、主人公のブルースから、ヒロインのフォン・リンにキャラクター・チェンジする場面があります。
「ガンサバ3」は未プレイなので断言は出来ませんが、ガンサバイ・シリーズとしては初の試みなんじゃないでしょうか。
決して長くはありませんが、ヒロインのフォン・リンを操作出来る場面は2回用意されている等、かなり新鮮な気分にさせて貰えます。
しかもフォン・リン操作時は、銃器による攻撃だけでなく、中国のエージェントらしく(?)、体術でも応戦が出来ました。
これは狙ってやらないと体験出来ませんが、かなり新鮮です。
0176.jpg

ゲームをクリアすると、本作でもオマケの隠し要素が解放されます。
難易度の選別の他に、隠し武器も登場。
また、隠し衣装は無いものの、主人公とヒロインのフォン・リンとの操作部分を入れ替えられるモードが存在。
つまり主人公が活躍する場面をフォン・リンでプレイし、フォン・リン・パートをブルースでプレイするというモードです。
さすがにイベント・ムービーに変化は起きませんが、所持している武器が異なっている為、違った印象で楽しめました。
今のところ、「ガンサバ」シリーズは本作まで。
果たして「5」は登場するのでしょうか?
もし登場した場合、次作も「バイオ」タイトルになるのか、それとも別作品となるのか、興味深いところです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。