電子遊戯雑記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

岡部麻紀

Author:岡部麻紀


好きなゲーム
バイオハザード・シリーズ
サイレントヒル・シリーズ
零・シリーズ
D.O.A.シリーズ
サクラ大戦・シリーズ他・多数



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリー



最新の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク



過去ログ



ブログ検索



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


OPベータ終了
セガが提供・運営するMMORPG「RFO」のOPベータ・テストが、本日で終了を迎える事となりました。
9月1日からのテスト開始ですから、僅か1ヶ月での短期間・終了という事になります。
以前、参加した「リネージュ2」のOPベータでは約3ヶ月の実施でしたから、それと比較するとかなり短く感じますね。
「リネージュ2」のOPベータ終了時、多くのテスターは「短い」と苦言を呈していましたが、今回参加の「RFO」OPベータ期間を考えると、むしろ長かったのでは?と考えを改めています。
もっとも、私がOPベータに参加したゲームは、「リネージュ2」と本作のみなので、一概に比較は出来ないんですけどね。
私自身のプレイした感想としては、ソロで遊ぶのはきついゲームと感じます。
前評判の紹介ではソロでも十分に遊べる要素を沢山盛り込んだとされていましたが、とてもそうは感じられません。
キャラクターのレベル上げはそれ程きつくはありませんが、個々の能力、本ゲームでは「熟練度」となりますが、それを成長させるのが、かなりキツイ印象。
PTを積極的に行う事でレベルは比較的楽に上げられますが、その代償として熟練度が上がりません。
レベルだけ高い、能力値Lv.1のままという「使えない」キャラになってしまう可能性が高いと言えます。
PTとソロを同じ位にしていかないとバランスの取れたキャラには育成出来ず、また熟練の種類も職に合った熟練、スキルを成長させるのではなく、満遍なく育成する必要がある等、ちょっと面倒な印象。
普通は魔法職なら魔法関係のスキルや熟練度を育成すればOKと思えますが、本ゲームでは魔法職であっても、同時に近接攻撃職と同じスキル、熟練度を育てないと、後々苦しくなってしまう仕様。
逆も同じで、近接攻撃職は、近接関連だけでなく、魔法関連のスキルも上げていかないと、やっぱり後々のプレイで支障を来してしまうようです。
「リネージュ2」も、ある程度のレベルに到達すると、育成プレイは厳しくなって来ますが、それでも本作程の手順、手間といった印象は薄く、プレイ感は楽と感じるかもしれません。
また、本作のクエストは、基本的に指定されたモンスターを、指定した数倒せ、というものばかりでバリエーションがなく、変化の無いクエストばかりなので飽きが来てしまうというのもマイナス要素。
防具(衣装)の選択肢もなく、ウォーリアならウォーリア用が1着あるだけで、あとはレベルに合わせて変えるだけという味気なさも気になった点でした。
同じ職、同じレベル帯のキャラが集まると、みんな同じ格好というのは少し面白みに欠ける印象です。
無論、良い面も沢山あります。
まずは、グラフィックですが、「リネージュ2」に負けないクオリティを提供しながら、「リネージュ2」より低めのスペック要求というのは嬉しい要素。
ラグも決して無いとは言えませんが、「リネ2」程多くはありません。
途中で動けなくなったり、落下現象が起きたり、というのも無く、ゲームの不具合で撃沈という事は無かったです。
また、同族間のPKというのは出来ない仕様(ルール)になっている為、初心者(低レベル・プレイヤー)が、高レベル・プレイヤーによって倒されるという事もありません。
但し、多種族間では成立しますが、これは本ゲームが多種族間の戦争をメインにしているゲームであり、中立地帯であれば、多種族からの攻撃は覚悟しながらプレイするのが通常のプレイなので仕方ありません。
多種族のプレイヤーを倒す事で、種族の「貢献度」パラメーターがアップする仕組みですしね。
それと、キャラクターが倒されても、基本的には経験値ロスは無く、装備品のドロップも無い、というのが有難い要素です。
但し、0%ではなく、極稀に経験値ロスはあるようですが。( ^ ^ ;
少なくとも私は、何度か撃沈したものの、1度も経験値ロス&装備品ドロップはありませんでした。
装備品についても、モンスターからのドロップ率が高い為、少なくても転職前のプレイヤーで装備品に困る事は恐らくありません。
ほとんどの人は、装備品をショップで買う人はいないでしょう。
それ位、確率は良いです。
むしろ余ってしまう程で、一式揃えたら、後はひたすら売って資金源にしていった方が良い感じです。
ショップで買う事になるのは、回復系アイテムとかでしょう。
他に鉱山用アイテムの購入や、魔法職ならスキルの購入に使う感じです。
0450.jpg

結局、大きくハマル事は無かった本作。
今月の18日から正式サービスが開始され、1月約2000円という課金になるようです。
OPベータから継続してプレイするユーザーには、記念として日本独自のアクセサリー・アイテムと、人気漫画家の士郎正宗先生デザインの防具がプレゼントされるようですが、私自身はOPベータ終了と共に引退する事にしました。
スポンサーサイト

運任せの盾・熟練
このゲームではキャラクター・レベルの成長だけでなく、戦闘技能における熟練度のレベル・アップも重要となっていますが、そんな中で意図した形で上げられないスキルがあります。
それが近接攻撃における「盾」防御の熟練度です。
盾を装備するには、盾の防御・熟練度が、装備条件に含まれている為、この熟練度を上げないと、より性能の良い、レベルの高い盾を装備出来ない仕様です。
しかし、この盾・防御における熟練は、プレイヤー側から、何らかのアクションを起こせば上げられるというものではない為、非常に上げ難いスキルとして、割と多くのプレーヤーからキツイと言われています。
盾・防御の熟練がアップするのは、盾を装備した状態で戦闘をした際、敵の攻撃を盾で防御の成功をした時にのみとなっています。
この成功か否かは、「ドンッ」という大きな音と共に表示される「BLOCK」文字で判断が可能となっています。
この時、敵とのレベル差によって、熟練度が1~4上がる事になります。
0420.jpg

この盾・防御の成功は完全にランダムな為、ほとんど運に頼るしかありません。
その為、せっかく装備出来るレベルにキャラクターが成長しても、盾の熟練度が満たせない為に装備変え出来ないケースが・・・。
ココで最近目にするようになったのが、熟練度上げ目的の狩り風景です。
レベル差が開き過ぎていると経験値や熟練が上がりませんが、ギリギリのレベルで複数を相手に戦闘を繰り広げれば、1つ1つの熟練は1と少ないものの、総合的には普通に適正レベルの敵と対峙するよりも熟練成長を良く出来る事になります。
そして盾の熟練を上げるには、数多くのブロック成功を得なければ上がりませんので、周囲にいる敵を5、6匹に手を出して自らを攻撃させ、ただひたすら盾防御成功を稼ぐという戦法です。
これは盾の熟練度上げには最良の方法と言えますが、一方ではとても迷惑な方法です。
というのも、ほとんどのモンスターはクエスト対象である事が多く、また適正レベルのキャラクターを操作しているプレイヤーからすれば、狩りたくても、独占されてしまう為に狩れないという状況になってしまうからです。
盾の熟練だけでなく、防御技能を上げる為に、複数のモンスターからわざと攻撃を受けているプレーヤーも見かけます。
熟練度を上げる為というのは分かりますが、やはり対象とするモンスターは、せめてクエスト対象外のモンスターで行ってほしいというのが正直な気持ちでしょうか。
0421.jpg



熟練度とレベル上げ
MMORPGにはエンディングというモノがありません。
必ず行わなければならないイベントというのも、転職する為に必要といった事以外、ストーリーに沿っての必須クエストの存在もなく、基本的には自己の分身であるキャラクターの育成を楽しむゲームです。
その為、オフラインとは違い、様々なプレイヤーとの交流と協力によるプレイが魅力の1つになっています。
ほとんどのゲームでも、複数のプレーヤーとPTを組んでの、強いモンスターとの戦闘をこなし、皆で一緒に経験値や戦利品を得ての楽しさを共有する事になります。
また、PTを積極的に行う事で、自然と自己のキャラクターのレベル上げもペース・アップする事に。
この辺は、本作でも同様で、PTを組むと多大な経験値を獲得出来る仕組みになっていますので、何度もPTプレイをこなすと、キャラクターのレベル・アップは、ソロに比べて格段に速くなります。
しかし、このキャラクターの急速なレベル・アップには、大きな落とし穴も存在していました。
0419.jpg

キャラクターの基本的なレベルが上がっても、スキル・レベルや戦闘技能の能力は上がらないのです。
勿論、近接攻撃職なら、近接攻撃主体で敵を倒しますので、その点についての技能は、普通にキャラ・レベルと共にアップしてくれます。
しかし、攻撃スキル(必殺技みたいなモノ)や補助スキル(自己能力を高める補助魔法のようなモノ)も、積極的、且つ意識的に使用していかないと、これらの能力はレベル・アップしてくれません。
これらの技能にも「熟練」というモノが設定されており、使わなければ能力アップはしないという事です。
つまり、キャラクターのレベルは20にも関わらず、攻撃スキルや補助魔法はレベル1のまま、なんて事も有り得てしまうのです。
こうなると、いくらレベルが高くても攻撃力がLv.1のキャラクターと同等という、何ともアンバランスなキャラクターとなってしまい、PTプレイにおいてはお荷物的存在になりかねなくなってしまいます。
魔法職であれば、攻撃職、補助職といった住み分けが本来は出来そうですが、これらも意識的に同じスキルを使用し、熟練度を上げないと、レベルだけは高い、でも能力としては使えないキャラとなってしまう事に・・・。
それだけでなく、専門職に特化しすぎるのも問題となってしまうのが、本作の、今までのタイトルと異なる点でしょう。
近接攻撃職であっても、出来る事なら遠隔攻撃・熟練度も上げていかないと、後々のプレイでは厳しくなるようで、いわば万能型のキャラクターに成長させておく事が、ある程度重要になる仕組みのようです。
これは、この作品の特徴の1つ、専用クラスを2つ持つ事が出来る点に由来しているのではないかと思っています。
通常のRPGでは、基本的に1つのクラスへ転職すると、あとはその方向の上位クラスへの転職しか出来ませんが、本作では2つのクラスへと転職可能です。
例えば、ナイト職(盾役)とレンジャー職(遠隔攻撃職)の2つを兼任出来るというモノで、従来のRPGでは、一定のレベルに到達すると、サブ・クラスとして持つ事が出来るシステムでした。
この辺の影響で、専門職以外の能力の熟練も、基本的には上げておいた方が良いという事になります。
しかし、PTでの戦闘の場合、この熟練度はほぼ上がらない仕組みらしく、PTを沢山こなしてしまうと、上記にあげたようなキャラ・レベルだけが高い、無能キャラクターが出来上がってしまうようです。その為、熟練度はソロで行うのが良く、自分より明らかに弱い敵と複数相手にして、熟練度上げの狩りを行っている人を多数見かける事が出来ます。
しかし、この熟練度上げの狩りによって、その他のプレーヤーにとっては迷惑に感じてしまうケースもありそうです。
0418.jpg


非表示バグ
0416.jpg

セガが提供、運営している韓国産MMORPG「RFO」ですが、今はOPベータ期間中という事もあり、色々な不具合も出てきています。
私自身は、のんびりペースでのプレイである為、あまりそういっバグには巡りあわないのですが、それでも全く無かった訳ではありません。
初期の頃に多かったのは、ゲームサーバーそのものにログイン出来ないという不具合。
ゲームID&パスが正確に入力しても、何故か間違っていますと表示される、ゲームそのもののバグというより、それ以前の問題という不具合。
最初の2、3日は、こういった状態が、なかなか改善されず、コミュニティ掲示板でも多くのユーザーが体験していた事が見られました。
その後はアクセス集中も落ち着いた印象で、このような不具合はなくなったものの、今度は選択したサーバーが満室で入れないという、何とも困った状況に。
その為、遊ぼうとしたサーバーを固定出来ず、とりあえず入れたサーバーでプレイという日々が何日か続いていました。
これも一週間程で改善されたものの、セガ側の準備不足、認識不足だったのは否めません。
その後にあった不具合は、グラフィックボード関係。
これは、突然、グラフィックが色化けしてしまうというモノで、限られたユーザーがなってしまうケースです。
私も2度程体験しました。
メンテナンス後のアップデートで初めてなった為、このアップデートにより、このような現象になったのではないかと推測。
2日間程、そういった状態になった為、プレイはしないでいました。
色化けしてしまうと、システム・メッセージや、チャットの会話テキストが全く判別出来ない為、プレイに支障が出ると思ったからです。
この色化けは、3日目には改善されたのか、全く起きなくなりました。
この事から、私が体験した色化けは、アップデートにより、一部のPC環境では起きてしまう不具合だったのかもしれません。
そして、つい最近起きた不具合は、装備している武器、及び盾が、装備状態にも関わらず、グラフィック表示されないという不具合です。
キャラクターの影を観ると、影の方は装備しているのが分かると思います。
また攻撃時では、剣の残像がきちんと表示されていたので、完全なる不具合と思われます。
これは必ずなるという事ではなく、何らかの条件がたまたま揃ってしまうと発生する不具合のようで、同様のケースを体験した人は多いようです。
今のところ、この不具合が改善されたというアナウンスは聞いていません。
どういった条件で、このような非表示になるのか、まだ特定出来ていないのでしょう。
しかし、オープン・ベータ期間は、正にテスト期間なので、この期間にこういった不具合が出るのは仕方ありませんし、逆に今の内に発見して改善するのが本来の役目ですから、むしろドンドン発生してくれた方が良いのでしょうね。
0417.jpg


防具の選択肢
0407.jpg

本作では、キャラクターが着る衣装も魅力の1つであり、私的には楽しみの要素です。
「リネージュ2」でも多種多彩な防具とデザインが用意され、その人の好みを反映しての装備を楽しむ事も出来たのが良かったです。
適正レベルにおける防具の種類は複数あり、選べる楽しさがありました。
本作でも、そういった部分を期待していたのですが、今のところ、その期待は裏切られています。
職毎に異なる防具、デザインはあるものの、適正レベルに見合った防具は1種類のみ。
最初に着れたスモック・シリーズの次に着れる衣装は、ルスト・ゴルトバン・シリーズ。
その為、同じレベル帯の同じ職の人とは、全員同じ格好という事に・・・。
これは、ちょっと面白みに欠ける気がしました。
「リネージュ2」では、同じ職、同レベル帯であっても、防具は異なってたりして、お互いのファッションを楽しめたりしましたし、「そのデザイン、良いですね?何と言う防具ですか?」といった会話を楽しめたりしました。
残念ながら、本作ではそういった楽しみは出来そうになく、付加価値が付いているかいないかの性能面での差があるかどうかの状態。
まだOPベータの状況ですから、今後どうなるかは分かりませんが、もう少し選べる楽しさというのもあると良いなぁと思いました。
せっかくグラフィックも、本ゲームの売りになっているだけに、勿体無い印象です。
0408.jpg




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。